編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ
海外コメンタリー

「Windows 10」初のメジャーアップデート--法人向けに強化された主な新機能は?

Nick Heath (TechRepublic) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2015-11-17 06:30

 Microsoftは米国時間11月12日、「Windows 10」に対して初めてとなるメジャーアップデートの提供を開始した。同社はこのアップデートによって、「Windows 7」からアップグレードするユーザーに素晴らしいものがもたらされるとともに、ビジネスユーザーに重要な新機能が提供されると約束している。


 今回のアップデートによって、パフォーマンスと安定性が向上するとともに、法人向けの注目に値する新機能がもたらされる。

 このアップデートは、ユーザーによってはファイルサイズが4Gバイト弱にもなる巨大なものだ。しかしこれを適用したWindows 10の起動時間は、Windows 7に比べて大幅に短くなるとMicrosoftは述べている。

 同社はサードパーティーからの報告を引用し、この最新アップデートを適用したWindows 10マシンは、Windows 7を稼働させている場合に比べると起動が最大30%高速化すると主張している。

 MicrosoftでWindowsプロダクトマーケティング担当ゼネラルマネージャーを務めるJeremy Korst氏は、「このアップデートには、エクスペリエンスのさらなる向上を目的として、見えないところで数多くの改善が盛り込まれている」と述べている。

 この発言は、Windows 7ユーザーや「Windows 8.1」ユーザーにWindows 10への無料アップグレードを利用してもらうために同社が積極的に展開しているキャンペーンの一環と言えるだろう。

 Windows 10のアクティベーション数がいち早く1億1000万件を超えたなか、同社はさらなる普及を目指し、2016年からはWindows 7マシンとWindows 8.1マシンのほとんどで、Windows 10が自動的にインストールされるようにするとの決定を下した。

 「自動的に」と言っても、インストールの際にはユーザーによる同意が必要となる。そしてKorst氏によると、同意しない場合には「一定期間、アップグレードを遅らせることが可能になる」という。

 ユーザーがアップグレードをどの程度遅らせることができるかについてKorst氏は明確に述べなかったが、Windows 10にアップグレードしたが気に入らなかったという場合には、31日以内であれば以前のバージョンのWindowsに戻せると付け加えた。

 「このプロセスを通じてユーザーからのフィードバックを取り込んでいく。その目的は、アップグレードをさらに容易に実施できるようにするというものだ」(Korst氏)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]