編集部からのお知らせ
新着PDF:商用5G活用を考える
テレワーク関連記事一覧はこちら

ヒューレット・パッカード、「Docker」関連製品を一挙発表

Steve Ranger (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-11-17 10:45

 Hewlett Packard Enterprise(HPE)がコンテナ技術「Docker」を利用したプロジェクトを持つ企業向けにクラウド、ソフトウェア、ストレージ、サービスを発表した。これらを利用することで、コンテナベースのソフトウェアを大規模システム向けに開発し、運用できるという。

 Dockerはソフトウェア開発分野で注目されているコンテナ技術で、HPEのような大手エンタープライズベンダーはコンテナを大規模な実装向けに利用するのを支援するツールの提供を急いでいる。

 コンテナはアプリケーションが開発、管理される方法を変えている、とHPEの最高技術責任者(CTO)、Martin Fink氏は述べている。

 HPEが「DockerCon Europe」で発表したDocker関連の製品は、以下のようなものだ。HPEは発表と同時に提供を開始した。

  • Dockerをサポートする「HPE Helion Development Platform 2.0」: Dockerコンテナとしてパッケージされたマイクロサービスの実装のためのツール
  • Docker向けの「HPE StormRunner」と「HPE AppPulse」: Docker化されたアプリケーションのテスト、実装、モニタリングのための開発者向けツール
  • 「HPE Sitescope」搭載の「Remote Docker Swarm」クラスタモニタリング: クラスタの5つのレイヤをモニタリングし、クラスタマップを自動構築する製品
  • 「HPE Codar for Docker」: 既存とコンテナ化のハイブリッドワークロードの継続的実装を可能にする製品
  • 「HPE Composable Infrastructure」向けの「Docker Machine」プラグイン: 「HPE OneView」からDockerコンテナホストの実装を自動化する製品

 これらに加え、フラッシュに最適化された「HPE 3PAR StoreServ Storage」と「HPE StoreVirtual」ソフトウェア定義ストレージソリューションでも、OpenStackクラウド環境でのDockerのステートフルコンテナの利用が可能になった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]