編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

「Chrome」ブラウザにゼロデイ脆弱性--多くの「Android」ユーザーに影響する可能性

Charlie Osborne (ZDNet.com) 翻訳校正: 佐藤卓 吉武稔夫 (ガリレオ)

2015-11-17 12:03

 ある中国人研究者が、「Chrome」ブラウザを介して「Android」搭載のモバイルデバイスを乗っ取ることができる脆弱性を発見した。これによって、数百万人のユーザーがリスクに晒される可能性があるという。

 東京で11月11~12日に開催された「PacSecセキュリティカンファレンス」で、Qihoo 360 Technologyの研究者Guang Gong氏は、最新のアップデートが適用されたAndroidデバイスを、このゼロデイ脆弱性を利用して乗っ取る方法を説明した。

 Security Affairsの報道によれば、Guang氏はChromeブラウザを介して「V8 JavaScript Engine」の脆弱性を利用する方法で、Googleのワイヤレス通信サービス「Project Fi」に対応した「Nexus 6」を乗っ取って見せたという。このデバイスに搭載されているOSは、最新の「Android 6.0 Marshmallow」だった。

 PacSecのチームメンバーであるDragos Ruiu氏がGoogle+に投稿した記事によれば、Guang氏は箱から出したばかりのRuiu氏の新しいデバイスを乗っ取って見せたという。しかも、このデバイスは、OSだけでなく内蔵アプリも最新の状態にアップデートされていた。Guang氏は、そのデバイスのChromeブラウザを使って、自身が作成した悪意あるウェブページを仕込んだウェブサーバにアクセスした。

 すると、JavaScriptの脆弱性が利用されて任意のアプリケーションがインストールされ、デバイスのコントロールがユーザーから攻撃者の手に渡ってしまったという。ユーザーがこの悪意あるページで何も操作を行わなくても、サイトにアクセスするだけで脆弱性が悪用された。

 Gong氏の例では、任意のアプリケーションとしてBMX自転車ゲームのアプリが使われたが、理論的には、正規のアプリに見せかけたどのようなサードパーティー製アプリにすることも可能だ。正規のちゃんとしたソフトウェアを装った悪意あるアプリが、乗っ取り、データの窃盗、デバイスの監視といった攻撃活動を隠すために利用されるケースはよく見られる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  2. ビジネスアプリケーション

    経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説

  3. セキュリティ

    パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策

  4. 運用管理

    DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点

  5. セキュリティ

    サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]