編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

「Windows Server 2016」、4度目のプレビュー版が公開---「Hyper-V Container」をサポート

Mary Jo Foley (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-11-20 11:17

 Microsoftは米国時間11月19日、「Windows Server 2016 Technical Preview 4」を公開した。今回のプレビュー版より「Hyper-V Container」が組み込まれている。

 8月に公開されたテストビルド「Windows Server 2016 Technical Preview 3」では、Microsoftが同製品に組み込もうとしているコンテナの一種として、アプリケーションを他の運用環境から切り離して実行することを可能にするMicrosoftの「Windows Server Container」がサポートされていた。Windows Server Containerは、「Docker」オープンソースプロジェクトの一部だ。

 MicrosoftのCloud Platform Marketing担当ゼネラルマネージャーMike Schutz氏は、「開発者は、Hyper-V Containerでアプリケーションを動かしてみて、Windows Server Containerで動かすのとたいして変わらないと感じるだろう」「追加の作業は必要ない」と述べている。


 信頼できるコードにはWindows Server Containerを使い、完全には信頼しきれないコードや一部のサードパーティー製のものはHyper-V Containerで走らせるとよいと同氏は述べる。

 Windows Server Technical Preview 4では他にも機能アップデートが施されている。また同日公開された「System Center 2016 Technical Preview 4」についても同様だ。

 Microsoftの関係者によると、両テクニカルプレビューとも、「Nano Server」「Windows Server Container」やセキュリティ、モニタリング向けの新機能が組み込まれている。

 Nano ServerとはWindows Serverのデプロイ方法の1つとして新しく提供される、必要最低限の機能を装備したバージョンだ。

 Schutz氏によれば、Windows Server 2016の正式版は予定通り2016年の後半に提供開始される予定だ。製品をファイナライズするまでに、最低でもあと1回はテクニカルプレビューを公開する予定だという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]