編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

マイクロソフトの「Dynamics CRM」担当幹部、セールスフォースに移籍へ

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-11-19 10:23

 Microsoftの「Dynamics CRM」事業を率いてきたBob Stutz氏が退社し、Salesforce.comの最高アナリティクス責任者(Chief Analytics Officer)に就任する。

 Stutz氏は2012年4月にMicrosoftに入社し、数々の買収を手掛けてDynamics事業を築いてきた。また、同製品のクラウド、オンプレミスでの戦略や技術の方向性も導いてきた。

 Salesforceでは製品担当プレジデントAlex Dayon氏のもとで、アナリティクス事業を統括する。

 「Analytics Cloud」がSalesforceの成長の鍵を握ると目される中、SalesforceがStutz氏の採用によって得られるものは大きい。言うまでもなく、Stutz氏は主力の競合企業からからの転職であり、他のエンタープライズ企業との交友も広く、大企業の中で事業を組み立てた実績も積んでいる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]