編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

八十二銀行、一部店舗に「Pepper」導入で接客に活用

NO BUDGET

2015-11-19 08:52

 八十二銀行は、ソフトバンクロボティクスが開発した人型ロボット「Pepper」の法人向けモデル「Pepper for Biz」を一部店舗に導入する。Pepper for Biz向け自社アプリ「ライフステージ支援」を搭載し、来店客へのサービスに用いる計画。アプリ開発を支援したジェナが11月18日に発表した。

 今回導入されるPepperは2台で、八十二銀行の昭和通営業部と南松本支店の2店舗にて、それぞれ11月20日と12月中ごろに稼働を開始する。Pepperは人の表情、言葉、周囲の状況などを認識して行動する感情機能を搭載、もともと持つ娯楽アプリに加え八十二銀行のライフステージ支援アプリを組み合わせることで、接客サービス向上につなげるのが目的。

 具体的な活用方法は以下の3点。

  • キャンペーン等の案内
  • 顧客のライフステージに応じたおすすめ商品の案内
  • 来店客とのコミュニケーション(Pepperは開発したアプリケーションにより様々なポーズをとり、写真撮影が可能)

 ジェナは法人を対象としたスマートフォン、タブレット、ロボット、ウェアラブル向けアプリ開発を展開しており、今回は八十二銀行の依頼を受けてライフステージ支援アプリの開発を支援した。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]