編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

マイクロソフト、メディア作成ツールによる最新版「Windows 10」の提供を中止

Ed Bott (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-11-24 12:20

 Microsoftが米国時間11月12日に、「Windows 10」の最新アップデート「Build 10586」(2015年11月にちなんで「バージョン1511」とも呼ばれる)の提供を開始した際、無償でダウンロード提供している「メディア作成ツール」(MCT)のインストーラファイルも更新されていた。

 同社は、「Windows Update」経由でのアップグレードが待ちきれないWindows 10ユーザーに対して、このツールを使用するよう勧めてすらいた。

 そして、同アップグレード方法は1週間以上にわたって提供されていた。しかし、先週末からこの新ファイルの提供が中止され、該当ページからダウンロードできるMCTでインストールされるのは、2015年7月版(ビルド10240)のWindows 10となった。

 Microsoftの広報担当者によると、この変更は意図的なものだという。

11月のアップデートは当初、MCTツール経由でも利用可能としていたが、今後のインストールはWindows Update経由で行われるべきだという判断を下した。現在も、MCTツールを利用したWindows 10のダウンロードは可能だ。しかし11月のアップデートは、Windows Update経由で提供されることになる。

 Build 10586用のMCTは、少なくとも現在のところ、Microsoftのサーバ上に残っており、非公開リンクを通じて利用可能となっている。


 なお、バージョン1511のISOファイルは、MSDNをサブスクリプションしているユーザーであれば現在も利用可能だ。

 筆者の環境にある「Windows 7」と「Windows 8.1」上で、現在公開されているMCTを実行して確認してみたところ、バージョン1511ではなくオリジナルのWindows 10にアップグレードされた。


 また同社は、Windows 10のインストール関係ドキュメントもひっそりと変更している。TwitterユーザーのTero Alhonen氏は、「Windows 10の11月の更新プログラム:FAQ」の変更前と変更後の画像をツイートしている。

 また筆者のもとには、Windows Update経由での11月のアップデートも停止されたという未確認情報が寄せられており、筆者の環境にある複数のマシンもここ数日アップデートできない状態となっている。Microsoftの広報担当者からは「われわれは時間をかけて、11月のアップデートを順次提供しているところだ。Windows Updateに表示されていない場合でも、そのうちに表示されるようになる」といういつもの回答が返ってきている。


変更前のWindows 10 11月の更新プログラム:FAQ

変更後のWindows 10 11月の更新プログラム:FAQ

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]