編集部からのお知らせ
新着PDF:商用5G活用を考える
テレワーク関連記事一覧はこちら

まだ続く情報漏えい--最も重大な15の事件を振り返る - 13/15

TechRepublic Staff 翻訳校正: 編集部

2015-12-20 07:00

TJX Companies(2005年)

 2005年、あるハッカー集団が「Operation Get Rich or Die Tryin(金持ちになれなければ死ぬまで頑張れ作戦)」というスローガンを掲げ、米小売企業Marshallsの店舗の脆弱なWi-Fiネットワークを利用して、親会社であるTJX Companiesのコンピュータシステムに侵入し、決済カードのデータを含む9400万件の顧客データを盗み出した。

 ハッキングの首謀者であるAlbert Gonzalezは、米カンザス州レブンワースの刑務所で20年の懲役に服している。

TJX Companies(2005年)

 2005年、あるハッカー集団が「Operation Get Rich or Die Tryin(金持ちになれなければ死ぬまで頑張れ作戦)」というスローガンを掲げ、米小売企業Marshallsの店舗の脆弱なWi-Fiネットワークを利用して、親会社であるTJX Companiesのコンピュータシステムに侵入し、決済カードのデータを含む9400万件の顧客データを盗み出した。

 ハッキングの首謀者であるAlbert Gonzalezは、米カンザス州レブンワースの刑務所で20年の懲役に服している。

提供:Jessica Rinaldi/Reuters/Corbis

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]