マイナンバーから考える内部不正防止のコツ

年金機構のレポートからマイナンバー対策を学ぶ--標的型攻撃への処方せん

髙岡隆佳 2015年09月04日 05時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本年金機構で発生した大規模な情報流出事件についての詳細な報告書が、8月20日以降各所(日本年金機構や内閣官房のサイバーセキュリティ戦略本部、第三者からなる日本年金機構における不正アクセスによる情報流出事案検証委員会)から公開された。

 今回の事件の契機が「フィッシングメールを利用した標的型攻撃」であることから、報告書に含まれる再発防止策はそれにフォーカスされたものとなっているが、この内容はマイナンバー施行前の各事業者、自治体とっても非常に有用なものである。自治体や事業者ともに、これから起こりうる「マイナンバーに絡む標的型攻撃」に備えることができる最後のタイミングであるかもしれない。

 というのも、以前の記事でも取り上げたように、日本は標的型攻撃・最新型マルウェアに対する認識が甘く、そのリスクに対応できていない企業が多いことが、2014年、情報処理推進機構(IPA)より出された報告書(2014年情報セキュリティ事象被害状況調査報告書)から明白である。

 内部統制やデータガバナンスが整備されていない環境で好き放題に情報へのアクセスを許容している企業は、今回の報告書を参考にするべき点が多く、組織における見直しをかけていく必要がある。ここで、まずは年金機構における問題点として挙げられている下記の点を一読頂きたい。



(出典:日本年金機構「不正アクセスによる情報流出事案に関する調査結果報告」から抜粋)

 いかがだろうか。組織において最高情報責任者(CIO)に準ずる役職者は、自社がどれだけ対応できているかを照らし合わせて頂きたい。マイナンバーのガイドライン(特定個人情報の適正な取扱に関するガイドライン)で言及されている標的型攻撃に対する「人的」「組織的」「技術的」安全管理措置のことで、これに対する対策が十分講じられていなかったことがこれら6つの問題点から読み取れる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算