編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

マイクロソフト、「Office 365 Planner」のプレビュー版をリリース

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-12-15 10:26

 Microsoftは米国時間12月14日、「Office 365」の「先行リリース」オプションを選択しているユーザーに向け、「Office 365 Planner」のプレビュー版の提供を開始したとブログで発表した。

 「Highlander」という開発コード名のPlannerは軽量のプロジェクト管理ツールであり、同社の幹部らによるとこれは「Office 365」の次世代ポータルの1つになるという。

 同プレビュー版がリリースされるのは、次のプランで先行リリースオプションを設定しているユーザーとなる:「Office 365 Enterprise E1」「Office 365 Enterprise E3」「Office 365 Enterprise E4」「Office 365 Enterprise E5」「Office 365 Education」「Office 365 Education E3」「Office 365 Education E4」「Office 365 Business Essentials」「Office 365 Business Premium」。

 Microsoftによると、先行リリースオプションを選択している全世界のユーザーは今後数週間以内に同リリースを手にできるという。また、Plannerがサポートされる法人向けや教育機関向けOffice 365のプランを利用しているユーザーに対する一般リリースは、2016年になる見込みだという。

 Plannerと「Office 365 Groups」は次のようなかたちで統合される。Plannerで新たなプランが作成される度に自動的に新たなOffice 365のグループが作成される。そしてすべての既存Office 365グループにはプランが関連付けられるようになる。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]