編集部からのお知らせ
記事まとめ集:コロナ禍に小売業はどう対応?
テレワーク関連記事一覧はこちら

Cloud Foundry Foundation、ポータビリティを確保する認証プログラム発表--IBM、HPEなど参加

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-12-18 10:53

 IBM、Hewlett Packard Enterprise(HPE)、Pivotal、CenturyLink、SAPなどの一連のPaaS(サービスとしてのプラットフォーム)クラウドプロバイダーは、「Cloud Foundry」を使用した自社のサービスで、コードのポータビリティを保証し、顧客がロックインされないサービスであることを認証する制度について合意した。

 Cloud Foundry Foundationは米国時間12月16日、この認証プログラム「Cloud Foundry PaaS Certification」をスタートさせた。この認証は、複数のプロバイダーやクラウドの間で、PaaS製品間のポータビリティを確保することを目的としている。Cloud Foundry Foundationは55社のメンバー企業が参画している組織だ。

 現在までに、CenturyLinkのAppFog、HPE Helion Cloud Foundry、IBM Bluemix、Pivotal Cloud Foundry、SAP HANA Cloud Platform、Swisscom Application CloudなどがCloud Foundry PaaS認証を取得している。

 Cloud Foundry Foundationの最高経営責任者(CEO)Sam Ramji氏は、声明の中で、次世代のクラウドサービスの顧客は、サービスのポータビリティを実現する標準を求めるようになると述べている。

 Cloud Foundryの認証制度は、アプリケーションやスキルが、同ソフトウェアを使ったどのクラウドサービスやオンプレミスソフトウェアでも利用できることを保証する。この取り組みは、すべての認証製品で同じCloud Foundryのコアコードが使われていることを保証するよう設計されている。各製品は、毎年再認証を受ける必要がある。

 企業が作るクラウドアプリケーションが増えるに従って、こういった認証の取り組みは勢いを増していくかもしれない。「OpenStack」のコアコードを維持するプログラムに対する需要が、企業の間で高まってくる可能性もある。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]