編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

Cloud Foundry Foundation、ポータビリティを確保する認証プログラム発表--IBM、HPEなど参加

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-12-18 10:53

 IBM、Hewlett Packard Enterprise(HPE)、Pivotal、CenturyLink、SAPなどの一連のPaaS(サービスとしてのプラットフォーム)クラウドプロバイダーは、「Cloud Foundry」を使用した自社のサービスで、コードのポータビリティを保証し、顧客がロックインされないサービスであることを認証する制度について合意した。

 Cloud Foundry Foundationは米国時間12月16日、この認証プログラム「Cloud Foundry PaaS Certification」をスタートさせた。この認証は、複数のプロバイダーやクラウドの間で、PaaS製品間のポータビリティを確保することを目的としている。Cloud Foundry Foundationは55社のメンバー企業が参画している組織だ。

 現在までに、CenturyLinkのAppFog、HPE Helion Cloud Foundry、IBM Bluemix、Pivotal Cloud Foundry、SAP HANA Cloud Platform、Swisscom Application CloudなどがCloud Foundry PaaS認証を取得している。

 Cloud Foundry Foundationの最高経営責任者(CEO)Sam Ramji氏は、声明の中で、次世代のクラウドサービスの顧客は、サービスのポータビリティを実現する標準を求めるようになると述べている。

 Cloud Foundryの認証制度は、アプリケーションやスキルが、同ソフトウェアを使ったどのクラウドサービスやオンプレミスソフトウェアでも利用できることを保証する。この取り組みは、すべての認証製品で同じCloud Foundryのコアコードが使われていることを保証するよう設計されている。各製品は、毎年再認証を受ける必要がある。

 企業が作るクラウドアプリケーションが増えるに従って、こういった認証の取り組みは勢いを増していくかもしれない。「OpenStack」のコアコードを維持するプログラムに対する需要が、企業の間で高まってくる可能性もある。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]