編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「IBM分社のキンドリル」
ZDNet Summit 2021開催のご案内
AWS利用の勘所

AWSへの移行要件とは--目標の確認と遂行 - (page 3)

田村謙介(アイレット株式会社cloudpack事業部)

2016-01-25 07:00

プロの知見を活用

 オンプレミスのシステムをAWSに移行する際、上記以外にも懸念すべき点はいくつもある。

 例えば、既存のシステムがAWSで稼働するかの機能要件が注目されるが、冗長化やバックアップ、性能目標値などの非機能要件やセキュリティポリシーなど、考えるべきことがたくさんある。

 既に非機能要件やセキュリティをある一定の品質に担保するためポリシーが策定されていることが多いが、AWSでは仕様の制限により対応できないことがある。また、オンプレミスのポリシーのままAWSを利用すると、過剰な設備投資になってクラウドの恩恵を受けることができないケースも見受けられる。


 クラウド活用の先人の知恵を活用するという手もありだろう。例えば、高いセキュリティ基準を有するNTTドコモ自身が、 AWSの導入にあたって蓄積してきたセキュリティを始めとする利活用のノウハウを、他社でも活用できるようにした「ドコモ・クラウドパッケージ」なども役立つだろう。

 さらに、PCI DSS(Payment Card Industry Data Security Standard)は、もともとクレジットカードによる取引情報を保護するためのガイドラインだが、より高いセキュリティ基準を満たすクラウド環境を構築するためのガイドとしてとらえると、カード業界以外にも役立つ情報が多い。情報セキュリティの基準が具体的に定められているので、ポリシーを見直す際の参考になるだろう。身近なシステムインテグレーター(SIer)にAWSの導入することももちろん可能であるし、われわれのようにAWS専業のSIerも存在する。

 ベンダーの選定ポイントは、単にシステムのインテグレーションができるかどうかだけでなく、セキュリティポリシーの見直しから相談できるかどうかだ。SIerにも得意・不得意があるので、これまで付き合いのあるSIerが、クラウドの流儀をどこまで理解しているか見定めるのが重要だ。

田村謙介
cloudpack(アイレット株式会社)ソリューションアーキテクト。AWSの導入に関するコンサルティングや設計構築を担当。コーポレートサイトから基幹システムまで幅広い分野でAWS移行のサポートを行っている。システムだけでなく背景にあるポリシーから見直しを行い、クラウドサービスの思想を尊重しつつお客様の要望に応えられる「美しい設計」を日々追い求めている

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]