編集部からのお知らせ
スタート直前の5Gをチェック!
PickUp! オンラインストレージの進化と課題

CTC、エネルギーを可視化・最適化するIoTソリューションを提供開始

NO BUDGET

2016-01-22 18:35

 伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は1月22日、米OSIsoft, LLCと販売代理店契約を締結し、設備や機器に取り付けたセンサからリアルタイムでデータを収集・保存し、管理・分析を行うオンプレミス型ソフトウェア「PI System(パイ・システム)」を発売した。

 CTCではPI Systemを使用して、風力や太陽光発電、系統電力を含めたエネルギーの利用を総合的に管理するIoTクラウドプラットフォーム「E-PLSM(エプリズム)」を2011年から提供しており、そこで蓄積したノウハウに基づいてPI System導入から運用までをトータルに支援していく。2016年4月からの電力小売の全面自由化に伴い、電力会社、ガス会社、製造業を中心に提供し、E-PLSMと合わせて3年間で10億円の売上を目指す。

 PI Systemは、発電所内の電力計や監視制御システム、その他の設備・機器などに取り付けたセンサごとに、過去・現在に未来の予測値を加えた時系列データを収集・蓄積して運用状況を可視化するソフトウェアで、設備・機器と接続できるインターフェースは標準で450種類以上。

 大容量かつ高速データ処理に最適な独自の時系列データベースを特徴とし、膨大な過去データの保管ができ、様々なデータソースから収集した生データをリアルタイムで処理、素早い検索・呼び出し、可視化、分析が可能となっている。米国では、国内の全発電量475GWのうち、約60%をPI Systemがモニタリングしているとのこと。


E-PLSMのサービス提供イメージ(CTC提供)

 CTCでは、これまでに蓄積したシミュレーション技術を駆使して、再生可能エネルギーのコンサルティングサービスやシステム開発を行ってきた。

 さらに、事業者が必要としているエネルギー関連データを集中管理することで発電施設や蓄電池、その他の設備・機器などを監視して可視化し、発電量や電力需要の予測まで統合的に行うことができるクラウドサービスのE-PLSMでは、データに基づく傾向と対策を計画し、エネルギーの効率的な利用と最適な運用の実現を支援する。PI Systemのみならず複数拠点とのデータ連携やコスト効率など統合的なクラウドサービスを必要とする顧客に対してはE-PLSMを提供することで、さらなるサービス拡販を目指すとしている。

 また、CTCは20年以上前から民間気象会社としての実績があり、データ解析を行うために必要な気象データも同時に提供できるという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]