編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

IBM、新メインフレーム「z13s」を発表--ハイブリッドクラウド向けにセキュリティ強化

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-02-17 11:29

 IBMは米国時間2月16日、数々のセキュリティ機能を搭載した中規模企業向けのメインフレーム「IBM z13s」を発表した。

 z13sはメインフレームで培われたセキュリティプラクティスをハイブリッドクラウドの配備にもたらすことを念頭に置いて設計された製品だ。z13sにおけるセキュリティ関連の特長は以下の通りだ。


  • ハードウェアに組み込まれた暗号化機能:これにより、データの暗号化/復号化速度が従来システム比で2倍になる。
  • メインフレームレベルのセキュリティ技術:IBMのセキュリティソフトウェアにバンドルされたメインフレームレベルのセキュリティ技術とともに、同社の「Cyber Security Analytics」サービスも「IBM z System」の顧客に提供される。
  • 拡張されたパートナーエコシステム:個々のクライアントが持つセキュリティ上のニーズに応えるための同社のパートナープログラム「Ready for IBM Security Intelligence」に、z System向けパートナーとして新たにBlackRidgeとForcepoint、RSM Partnersが参加した。

 IBMは、大規模トランザクションの処理というニーズを抱えている企業向けに、メインフレーム製品の刷新を続けてきている。最近では、APIやさまざまなマイクロサービスに対するアクセス機能をzシリーズに追加している。

 IBMにとってz13sは、エントリーレベルの新たなメインフレームという位置付けとなる。同システムは3月に発売される予定だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]