編集部からのお知らせ
スタート直前の5Gをチェック!
PickUp! オンラインストレージの進化と課題

シスコ、イスラエルのファブレス半導体企業Leaba Semiconductorの買収意向を表明

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-03-03 10:33

 Cisco Systemsは米国時間3月2日、イスラエルのファブレス半導体企業Leaba Semiconductorを3億2000万ドルの現金で買収する意向を同社ブログで表明した。

 Ciscoのコーポレート事業開発および投資担当バイスプレジデントのRob Salvagno氏はブログで、LeabaはCiscoの中核エンジニアリングチームに編入される予定だと述べた。

 Salvagno氏は「Leabaは、ネットワークインフラにおける重要な難関に取り組むための革新的なソリューションをもたらす最先端の半導体設計で、強力かつ素晴らしい実績をあげてきている企業だ」と記している。

 Leabaのウェブサイトによると、同社は現時点で隠密裏に開発を推進しているため、公開できる製品はないという。このため、Ciscoがこの新興企業のどこに魅力を感じたのかを推測するのは難しい。

 イスラエルのニュースサイトYnet.coによると、Leabaは2014年の創業。最高経営責任者(CEO)Eyal Dagan氏と最高技術責任者(CTO)Ofer Iny氏は2009年にDune NetworksをBroadcomに約2億ドルで売却した経験があるという。

 Ciscoは今回の発表の前日にもクラウドオーケストレーションを手がける新興企業CliQr Technologiesを買収する計画を発表していた。

 2つの買収の違いは興味深い。CliQrの買収はソフトウェアやクラウドコンピューティングに関連した製品を拡大するためのものであるのに対し、Leabaの買収はCiscoのルーツでもあるハードウェアにフォーカスしている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]