編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

AWS、データベース移行サービス「Database Migration Service」の一般提供を開始

Asha Barbaschow (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-03-17 10:13

 Amazon Web Services(AWS)は米国時間3月15日、データベースを簡単かつ安全にAWSに移行するサービス「AWS Database Migration Service」の一般提供を開始したと発表した。同製品はこれまでプレビュー版として提供されていた。

 AWSによると、Database Migration Serviceは顧客のオンプレミス環境で稼働している「Oracle Database」や「Microsoft SQL Server」「MySQL」「MariaDB」「PostgreSQL」上のデータをAWSのクラウドに移行できるフルマネージド型の移行サービスだという。

 AWS Relational Database Services担当副社長のHal Berenson氏は声明で、「AWS Database Migration Serviceのプレビュー期間中に、数百もの顧客が1000を超えるオンプレミスデータベースを『Amazon Aurora』や、『Amazon Relational Database Service(RDS)』上のその他のデータベースエンジン、『Amazon Elastic Compute Cloud(EC2)』上で稼働するデータベースへと移行した」と語っている。

 また同社は、11週間足らずの間にその多くの顧客が「AWS Schema Conversion Tool」も利用して、データベースエンジンを切り替えたと述べている。

 「プレビュー期間中、AWS Database Migration Serviceを使用したデータベース移行の3分の1では、AWSのクラウドへの単なるデータベース移行だけでなく、その段階でデータベースエンジンの切り替えも実施されていた」(Berenson氏)

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]