編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」

IT部門の業務とスキルのポートフォリオ

内山悟志 (ITRエグゼクティブ・アナリスト)

2016-03-17 07:30

 IT部門に対する期待と果たすべき役割が変化するなか、IT部門のスタッフが具備すべきスキルも変化しています。企業では、適正なソーシング戦略も考慮しながら、自社で持つべきスキルを定義することが求められます。

IT部門の抱えるスキル課題

 多くの大手企業のIT部門は、ビジネスニーズの絶え間ない変化と著しい技術革新の狭間で、日々の業務と膨大な課題に追われています。コスト削減とビジネスへの貢献を優先するがために、スタッフの適正な配置や長期的な人材育成が先送りとなる状況が数多く見られます。

 企業はITの重要性を認識しており、IT部門長はITスタッフのスキルがいかに企業ITの成否を左右するかを知っているにもかかわらず、ITスタッフには明確なキャリアパスも提示されず、必要な教育・研修を受けるチャンスも与えられないという企業は少なくありません。

 一方で、IT部門に対するコスト削減への強い要請、アウトソーシングの台頭、経営課題の複雑化、IT部門の役割の拡大など、さまざまな要因があいまって、IT部門の役割やスキル要件を見直す気運が高まっています。

スキル依存度/業務価値マトリクス

 そこで「スキル依存度/業務価値 (S/V) マトリクス」という考え方を紹介します。これは、「人/スキル」という単純な人材管理を「人/業務/スキル/生み出す価値/業務のスキル依存度」というポートフォリオ・モデルに変更させるものです (図1)。

 IT部門長は、S/VマトリクスにIT部門の担っている業務と現在の人員配置を記すことで、ビジネス上の課題を解決し、企業ITを支えるために必要なスキルが存在しているかどうかを判断できます。また、S/Vマトリクスを適切に利用すれば、新規人材採用モデルを評価・策定し、既存のスタッフとの関係を明確にすることができます。

 したがって、IT部門内のスキルマップやキャリアパスが明確にモデル化され、ITスタッフの間で認知された雇用・育成の推進にも役立ちます。

図1.スキル依存度と業務価値マトリックス
図1.スキル依存度と業務価値マトリックス

 S/Vマトリクスには、「業務価値」と「スキル依存度」の2つの軸があります。

 業務価値とは、IT部門のスタッフが業務を遂行することで提供される成果のビジネス上の価値を意味します。一方、スキル依存度軸は、特定の職務を遂行する上で必要となる固有のスキルにどの程度依存しているかについてのIT部門の認識を表しています。

 スキル依存度が低いと認識される場合は、その業務およびスキルは、外部から資源や能力を調達することで補完できる領域です。その場合、この領域に対する評価は、オペレーション面では効率性、財務面ではコストが重視されることとなるでしょう。一方、スキル依存度が高いと認識される場合は、IT部門は当該スキルの価値をこれまで高く見ていたことを意味します。

 しかし、スキル依存度が高い業務がすべて重要な業務とは限りません。業務の標準化が進んでいないために属人的なプロセスとなっていたり、世間では主流でない技術を採用したために、外部調達が困難なことからやむを得ず依存しているケースもあるからです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]