内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

  • デジタライゼーションによってITプロジェクトの目的が変わる

    デジタル産業革命が進行する現在、これまでの延長線上の戦略だけでは、成長ばかりか生き残りも困難な時代となっています。ITプロジェクトにおいても、その目的が変化するため、これまでと異なる発想とアプローチが必要となります。

  • 2018年はどの分野にIT投資が向けられるのか

    この時期になると来年度に向けたIT投資計画や年度予算計画が検討されます。そこで今回は最新のIT投資動向調査の結果から、ユーザー企業において投資意欲が高まっている分野についてみていきたいと思います。

  • デジタライゼーションの推進におけるIT部門の関わり

    本連載の前回「イノベーション推進におけるIT部門の役割」では、イノベーションの創出・推進において従来のIT部門が支援すべき活動について考えます。今回は、こうした新しい取組みに対するIT部門の関わりについて、調査データをもとに考えてみます。

  • イノベーション推進におけるIT部門の役割

    本連載の前回「イノベーション推進組織の活動」では、イノベーションの創出・推進のための組織が担うべき役割を提案しました。今回は、こうした取組みにおいて従来のIT部門が支援すべき活動について考えます。

  • イノベーション推進組織の活動

    昨今ではデジタル技術を活用したイノベーションの創出やデジタルビジネスの推進のために、組織や担当者を設置する動きが活発化しています。今回は、こうした取り組みを成功に導くための活動について考えます。

  • IT部門内にイノベーション特区を創ろう

    組織を設置して担当者をアサインすればそれだけでイノベーションが創出されるというものではありません。今回は、イノベーション特区の考え方を紹介します。

  • IT部門人材とイノベーションの相性

    前回の本連載では「イノベーションに求められる人材像とは」について述べました。そこからは、これまでのIT部門の人材に不足するスキルや特性も浮かび上がってきました。それでは、IT部門の人材がそのような特性を身につけることはできるのでしょうか。

  • イノベーションに求められる人材像とは

    最近IT部門長からよく相談されることの1つにイノベーション人材をどのように育成すればよいかという課題があります。今回は、企業におけるイノベーション創出に求められる人材像について考えてみたいと思います。

  • 一向に増えないIT部門の人員数

    IT部門長からよく聞かれる課題の1つにIT部門の人員が不足しているということがあります。これは長年言われ続けていることですが一向に改善が見られないというのが実態です。

PR

Special

企画特集一覧へ

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]