内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

  • IT部門内にイノベーション特区を創ろう

    組織を設置して担当者をアサインすればそれだけでイノベーションが創出されるというものではありません。今回は、イノベーション特区の考え方を紹介します。

  • IT部門人材とイノベーションの相性

    前回の本連載では「イノベーションに求められる人材像とは」について述べました。そこからは、これまでのIT部門の人材に不足するスキルや特性も浮かび上がってきました。それでは、IT部門の人材がそのような特性を身につけることはできるのでしょうか。

  • イノベーションに求められる人材像とは

    最近IT部門長からよく相談されることの1つにイノベーション人材をどのように育成すればよいかという課題があります。今回は、企業におけるイノベーション創出に求められる人材像について考えてみたいと思います。

  • 一向に増えないIT部門の人員数

    IT部門長からよく聞かれる課題の1つにIT部門の人員が不足しているということがあります。これは長年言われ続けていることですが一向に改善が見られないというのが実態です。

  • 形だけのCIOなんていらない

    経営者やビジネスにおけるITの重要性は高まる一方といえる一方で、企業のCIO設置率は一向に上がっていないという実態が明らかになりました。今回は、国内企業のCIOの実態と必要性について考えてみたいと思います。

  • IT部門はイノベーション組織となれるのか

    今回は、IT部門がイノベーションを担う組織となり得るのかについて考えたいと思います。

  • デジタルイノベーションへのIT部門の意識

    経営者の認識とIT部門の認識が以前よりも一致してきたといえます。

  • ベテランIT人材にいかに活躍の場を与えるか

    本連載の前回「IT部門の高齢化問題への対処」では、人事ローテーションの重要性について述べたが、今回は、IT部門内でいかにベテランIT人材に活躍の場を与えるかについて考えてみます。

  • IT部門の高齢化問題への対処

    本連載の前回および前々回で「IT部門の人口ピラミッド問題」について述べてきたが、今回はその中でも根深いIT部門の高齢化問題に触れてみたいと思います。

PR

Special

企画特集一覧へ