内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」

不連続型イノベーション創出のための発想法

内山悟志 (ITRエグゼクティブ・アナリスト) 2019年07月17日 06時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 デジタルトランスフォーメーション(DX)に関わる活動には「業務の高度化や顧客への新規価値の創出」(漸進型イノベーション)と「新規ビジネスの創出やビジネスモデルの変革」(不連続型イノベーション)があり、本連載の前回「デジタル技術を活用した業務革新の着眼点」では漸進型イノベーションを検討する際の着眼点について述べました。今回は、不連続型イノベーションを検討する際の考え方について述べます。

ビジネスとテクノロジーをいかに結び付けるか

 これまで、ビジネスや業務でテクノロジーを活用する際は、ビジネス上の課題やニーズに対して、その解決策および実現策としてテクノロジーを当てはめるという「課題解決型」のアプローチが主流であったといえます(図1)。

 このアプローチは、従来の事業における業務の高度化や顧客への新規価値の創出(漸進型イノベーション)においては有効です。そこにはこれまで推進してきた事業があり、それを遂行するための業務プロセスが存在していますので、その中で発生していたり、このままの状態では今後発生したりするかもしれない課題や問題点を見つけ出し、それを解決することで改善や高度化が実現できるからです。

 しかし、不連続型イノベーションは、新規の事業を創出したり、ビジネスモデルを大きく転換したりしなければなりません。そこに課題解決型のアプローチは通用しません。そもそも、新規事業や新しいビジネスモデルは、まだ存在していませんので、課題や問題点を事前に特定することはできません。

 そのような場合は、新技術の普及や低廉化といった技術シーズを受けて、ビジネスへの適用可能性を探索する「シーズ提案型」のアプローチが考えられます。例えば、無線ICタグ(RFID)の低廉化という技術シーズを受けて、倉庫での資材の棚卸しへの活用を検討するといった応用的活用のアイデアを発想します。

 しかし昨今では、デジタル技術を活用した新しいビジネスが次々と台頭していますし、デジタル技術自体も日々進化しています。従って、ビジネスの環境変化やテクノロジーの将来動向を予見して、それらを結び付けることで生み出される新規ビジネスの創出やビジネスモデルの転換を実現するアイデアを創出するアプローチも考えられます。不連続型イノベーションの創出においては、この「アイデア駆動型」が有効な場面が多いと考えられます。

図1.ビジネスとテクノロジーの関係(出典:ITR) 図1.ビジネスとテクノロジーの関係(出典:ITR)
※クリックすると拡大画像が見られます

3Cと4Pを変える発想の転換

 多くの企業、とりわけ大企業は、これまで自社の商品や販売網、宣伝の仕方、品質や価格などに優位性を持っていたことで成功を収めてきました。しかし、その成功がいつまでも続くとは限りません。外部環境が著しく変化する時代においては、これまでの延長線上の戦略ではなく、新たな価値を創出し、市場を切り開くような大胆な発想の転換が必要となります。特に、ビジネスモデルを大きく転換したり、新規ビジネスや新サービスを創出したりする際のアイデアでは、これまでの常識を覆すような発想が求められます。

 その方法として企業戦略の立案やマーケティングのフレームワークで用いられる3C(顧客、競合、自社)および4P(商品、価格、プロモーション、流通)を変えてみる発想が有効です(図2)。

図2.3C・4Pを変える発想(出典:ITR) 図2.3C・4Pを変える発想(出典:ITR)
※クリックすると拡大画像が見られます

 これら3C・4Pの1つでも変えることで、全く新しい価値観を見出すことができたり、ビジネスモデルの転換が果たされたりする場合があるからです。

 企業はこれまでも、時代の潮流や顧客ニーズの変化に対応して自らを変容させてきました。しかし、これから起ころうとしているパラダイムシフトは、ここ数十年でわれわれが経験したものと異質のより大きな転換である可能性が高いと考えられます。これは大きな危機であると同時に大きな好機でもあります。

内山 悟志
アイ・ティ・アール 会長/エグゼクティブ・アナリスト
大手外資系企業の情報システム部門などを経て、1989年からデータクエスト・ジャパンでIT分野のシニア・アナリストとして国内外の主要ベンダーの戦略策定に参画。1994年に情報技術研究所(現アイ・ティ・アール)を設立し、代表取締役に就任しプリンシパル・アナリストとして活動を続け、2019年2月に会長/エグゼクティブ・アナリストに就任 。ユーザー企業のIT戦略立案・実行およびデジタルイノベーション創出のためのアドバイスやコンサルティングを提供している。講演・執筆多数。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SpecialPR

連載

CIO
教育IT“本格始動”
月刊 Windows 10移行の心・技・体
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
セキュリティインシデント対応の現場
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft Inspire
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]