海外コメンタリー

本当は恐ろしいモノのインターネット

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎 2016年03月22日 06時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 CoreOSに勤める著名なLinuxとセキュリティの専門家Matthew Garrett氏が最近ロンドンのホテルを訪れたところ、照明のスイッチがAndroidタブレットに変わっていたという。生粋のハッカーであるGarrett氏は、どんな風になっているのかを調べることにした。その数時間後、同氏はホテルの全部屋のエレクトロニクスにアクセスできるようになっていた

 困ったことだ。

 Garrett氏はセキュリティの専門家だったが、この結果を得るのに高度なクラッキング能力は必要としなかった。説明によれば、同氏はまずそのタブレットを取り外し、自分のラップトップをネットワークに接続した。次に、トランスペアレントブリッジをセットアップした。これは、Linuxのネットワーク管理者であればまったく難しい話ではない。その後、有名なネットワークプロトコル分析ソフトである「WireShark」を使って、トラフィックを分析した。

 すると、すぐにそのホテルのデバイスでは通信プロトコルに「Modbus」が使われていることが分かった。これは、単純な電子デバイスであるプログラマブルロジックコントローラ(PLC)を制御するのに使われる、古くからあるシリアルプロトコルだ。「Modbusはかなり単純なプロトコルで、認証がまったくないことが特徴だ」とGarrett氏は述べているが、筆者はそれに、このプロトコルにはセキュリティもまったくないと付け加えておく。

 「Tcpdump」を使うと、トラフィックの宛先はIPv4アドレスの172.16.207.14であることが明らかになった。Garrett氏はその後まもなく、オープンソースのPythonの実装である「pymodbus」を使い、自分の部屋の照明を制御できるようになり、TVを付けたり消したり、カーテンを開閉したりすることも可能になった。

 さらに同氏は、自分の部屋番号が714であり、部屋のIPアドレスの末尾が7.14であることに気づいた。まさか、そんなことがあり得るだろうか?

 しかし、それは大当たりだった。

 「とにかく、考えられる限りひどいものだった。ゲートウェイが分かった後は、すべてのフロアの制御システムにアクセスし、各部屋の照明が点いているかどうかを調べられるようになった。このことは、それらのデバイスを制御することもできそうだということを強く示唆していた」

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算