編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ
海外コメンタリー

目的別のおすすめLinuxディストリビューション--あなたにぴったりなのはどれ? - (page 4)

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2016-04-01 06:00

 いずれにしても、openSUSEのこれらのリリースはFedoraとよく似ている。これらはソフトウェアやクラウドのプロジェクトで作業をするLinuxのプロフェッショナルに向けたものなのだ。

 「Arch Linux」もローリングリリースを採用したディストリビューションだ。ただ、openSUSEのTumbleweedとは異なり、Arch Linuxは軽量でユーザーフレンドリーなディストリビューションとなっている。その設計哲学は「シンプルさを保つ」というものだ。そして、同プロジェクトの開発者らはこうした哲学を具現化している。

 その例外は、インストール作業だ。Arch Linuxの場合、簡単に利用できるインストールプログラムはなく、手作業でOSをインストールする必要がある。このため、シンプルなLinuxという考え方に共感するが、手作業でのインストールを避けたいという人には、「Manjaro Linux」をお勧めする。このディストリビューションは、まさにその点を追求したものだ。

 最後になるが、「PCLinuxOS」も非常に優れ、安定したディストリビューションだ。そのデスクトップ環境である「FullMonty Desktop」はとてもユニークな特徴を有している。KDEをベースにしたFullMonty Desktopは6つの異なるデスクトップウィンドウを用いたシンプルなインターフェースを搭載している。各デスクトップは、インターネットや生産性アプリ、ゲームといった特定の用途に分けられている。このコンセプトによって使いやすさがもたらされており、Linuxの組み込み型マルチウィンドウ機能の優れた使用例となっている。

 本記事を読んで、自らのデスクトップとしてどれが適切なのかという手がかりが得られたはずだ。結局のところ、どのようなニーズであったとしても、そのニーズに応えるLinuxデスクトップが存在するということだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]