IaaS「ニフティクラウド」に「プライベートアクセス」--VLANで分離

NO BUDGET

2016-04-01 17:54

 ニフティは3月31日、IaaS「ニフティクラウド」で簡単かつ安価に閉域網で接続できるサービス「プライベートアクセス」の提供を開始。第1弾として、アルテリア・ネットワークスが提供する「VECTANT クローズドIPネットワーク」からニフティクラウドへセキュアに接続できる「プライベートアクセス for ARTERIA」の提供を開始した。

 税別の月額料金は8000円。同サービスの利用には別途、ニフティクラウドの「プライベートLAN」とアルテリアのVECTANT クローズドIPネットワークと「VECTANT セキュアクラウドアクセス 共有型」の利用が必要になる。ニフティは今後、プライベートアクセスに接続する閉域網を拡大していくとしている。

プライベートアクセス for ARTERIAの概要
プライベートアクセス for ARTERIAの概要(ニフティクラウド)

 プライベートアクセスは、各回線事業者が提供する閉域網とニフティクラウドをあらかじめ物理的に接続し、仮想LAN(VLAN)で仮想的に分離する形で接続する。

 従来から提供している、各回線事業者が提供する専用線や閉域網サービスをニフティクラウドに接続できる「ダイレクトポート」と比べ、短納期かつ安価に閉域網からセキュアにクラウドに接続できるという。回線を専有し通信速度を優先したい場合には、これまで通りダイレクトポートも利用できる。

 第1弾となるプライベートアクセス for ARTERIAはクラウドからのダウンロードがベストエフォートの1Gbps、クラウドへのアップロードが10M~100Mbps。

 プライベートアクセスのサービスページから申し込んだ後、アルテリアの「VECTANT セキュアクラウドアクセス 共有型」に申し込む。ニフティとアルテリアの接続設定が完了次第、利用できる。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]