編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

マイクロソフト、「Azure Container Service」の一般提供を開始

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-04-20 10:47

 Microsoftは米国時間4月19日、「Microsoft Azure」上のコンテナの配備や管理を行うサービス「Azure Container Service(ACS)」の一般提供を開始したと発表した。

 ACSを利用することで、「Apache Mesos」や「Docker Swarm」を用いたコンテナアプリケーションのオーケストレーションが可能になる。またACSによって、コードを修正することなく、Azureとの間でコンテナワークロードのやり取りも可能になるという。

 ユーザーはACSを利用することで、コンテナ化されたアプリケーションの実行用として設定してある仮想マシン群を、クラスタ単位で生成/設定/管理できるようになる。

 Microsoftは2015年9月にACSを発表し同年12月に最初のパブリックプレビュー版をテスター向けに公開していた。

 これに関連して同社は19日、「DC/OS」という新たなオープンソースプロジェクトへの参加も発表している。DC/OSは、Mesosphereが開発したオープンソースのデータセンター向けOSだ。このOSを使用することで、「Docker」をはじめとするさまざまなコンテナ形式を用いて、複雑な分散コンテナアプリケーションを実行できるようになる。同プロジェクトにはAccentureやCisco Systems、Hewlett Packard Enterprise(HPE)なども参加している。

 

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]