編集部からのお知らせ
令和時代のCIOとは?
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

日本HP、PCを月額制サービスとして提供する「HP Device as a Service」を発表

NO BUDGET

2016-08-19 17:05

 日本HPは8月19日、PC本体とライフサイクル管理を一元化し、月額固定制サービスとして提供する「HP Device as a Service」を発表、同日から提供を開始する。企業は最新ハードウェアを活用しながら、PCに関わる総所有コストを計画的に管理でき、IT部門におけるハードウェアの管理やサポートなどの業務負担を軽減することが可能になるという。

TechRepublic Japan関連記事

 HP Device as a Serviceは、業務に必要なPCのテクノロジとサポートを効率的に導入し、サービスとして利用するというもの。PCの使用料は月額固定制で、契約期間中はPCの設定やインストール、データ移行、保守、廃棄など、顧客企業それぞれに最適化されたサービスとサポートを提供する。

 提供される主なサービスは以下の通り。

  • 計画/設計:現状調査、ソリューションの設計立案、導入計画の策定
  • 設定:OSおよびアプリケーション設定、組み込み、ラベル/タグ付け
  • 展開:データ移行、インストール、配送
  • 最適化:IMAC(設置、移設、増設、変更)、ヘルプデスク、セキュリティ対応、IT資産管理
  • 保守:常駐エンジニア、マルチベンダー対応、専用コールセンター、保証拡張
  • 廃棄:データ消去、デバイスの廃棄、買い取り

 PC本体とライフサイクル管理全般を単一の契約として提供することで、企業は年間コストの予測が可能になり、ビジネス成長に必要なプロジェクトに予算を柔軟に振り向けることができるとしている。また、拡張性を備えているため、組織の変更にあわせてPC環境を容易に調整することが可能なほか、従業員に最新のPC端末を提供することで、生産性のさらなる向上に貢献するという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]