編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

セールスフォース、「Lightning Customer Community」を提供開始

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-06-24 10:42

 Salesforce.comは米国時間6月23日、「Lightning Customer Community」を発表するとともに、同日付けでその提供を開始した。Lightning Customer Communityは、同社の「Lightning」ユーザーインターフェースを搭載した「Community Cloud」を、パーソナライゼーションや、検索の最適化、テーマ、リコメンデーションといった多くの新機能で強化したものだ。

 要するにLightning Customer Communityは、SalesforceのCommunity Cloudをよりモバイルフレンドリーにするとともに、プロフィールに基づくパーソナライズを可能にしたものと言える。Community Cloudはウェブサイトやポータル、ソーシャルコラボレーションといった機能を有機的に統合したオンラインプラットフォームだ。

 Community Cloudマーケティング担当シニアバイスプレジデントのMike Stone氏によると、今回のリリースはCommunity Cloudを発表した2013年以来、最大のアップデートだという。同氏は「開発には2年を要した。その目標は、インターフェースのアップデートとともに、コミュニティー全体に対して先見性のあるインテリジェンスを提供することだった」と述べている。

 新機能には以下のようなものがある。

  • パーソナライズしたブランドエクスペリエンスを複数のデバイスにまたがって提供できるようにするテーマ設定機能。
  • 動画や画像、コード片、ファイルのプレビューといった、リッチなメディアフィードを実現する機能。また、こういったフィードでは「Quora」とよく似た「Q&A」形式も利用できる。
  • 検索スコアに基づき、推薦記事や、疑問に対する回答を提供する機能。
  • ダイレクト検索によってコミュニティーコンテンツを洗い出せるようにする、検索の最適化機能。
  • スパムや不適切な投稿を排除するための、コミュニティーマネージャー向けのモデレーションツール。
  • 購買パターンや人気コンテンツを洗い出したり、コミュニティーエンゲージメントを高めるためのダッシュボード。
  • CloudCrazeやMagento、Demandwareといったサードパーティーのeコマースモジュールをコミュニティーページにドラッグ&ドロップする機能。
Salesforce Lightning Customer Community
Salesforce Lightning Customer Community

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド

  2. クラウドコンピューティング

    カギは物理世界とクラウドの接続あり!成果が出やすいIoT活用のアプローチを知る

  3. クラウドコンピューティング

    IoTにはこれだけのサイバー攻撃リスクが!まずはベストプラクティスの習得を

  4. セキュリティ

    エンドポイントの脅威対策をワンストップで提供 現場の負荷を軽減する運用サービス活用のススメ

  5. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]