さとうなおきの「週刊Azureなう」

【Azureなう 7/12号】Power BI Embeddedなどが一般提供開始

佐藤直生

2016-07-12 12:00

 こんにちは、佐藤直生です。皆さんは、参議院選挙の投票はしましたか? IT業界の人間としては、ITによるイノベーションを促進する政策がもっと出てくるといいですね。さて、「週刊Azureなう」では、先週の1週間に発表されたMicrosoft Azureの新機能から、筆者の独断と偏見で選んだトピックについて紹介していきます。

Power BI EmbeddedがGAに

 Power BI は、クラウドやオンプレミスのデータに対する分析、可視化のためのクラウドサービスであり、ダッシュボードやレポートに、ウェブブラウザやスマートフォン/タブレットのネイティブアプリケーションを介してアクセスできます。

 そして、3月のBuild 2016で発表されパブリックプレビューとしてリリースされていたPower BI Embeddedは、カスタム開発のウェブアプリケーションやモバイルアプリケーションにPower BIのレポートを統合できる機能を提供します。Power BIでは、エンドユーザー企業がエンドユーザー数だけのサブスクリプション契約を行う必要がありましたが、Power BI Embeddedでは、レンダー(表示)回数による課金になり、ISVやSaaSプロバイダーが使いやすい料金モデルになっています。次の画面は、Power BI Embeddedを使ってカスタムのウェブアプリケーションに埋め込まれたPower BIレポートです。


Power BI Embeddedを使ってカスタムのウェブアプリケーションに埋め込まれたPower BIレポート

 今回、Power BI Embeddedが7月11日に GA(一般提供)になることが発表されました。7月10日から14日に、カナダのトロントでMicrosoftのパートナー向け年次カンファレス「The 2016 Microsoft Worldwide Partner Conference(WPC 2016)」が開催されているので、その基調講演でも紹介されることでしょう。

 今回のGAでの新機能は、次の通りです。

  • リージョンの拡大
    3月のパブリックプレビューでは米国中南部リージョンのみで利用可能でしたが、今回、米国、ヨーロッパ、アジア、ブラジル、オーストラリアの9リージョンで利用可能になりました(残念ながら、東日本/西日本リージョンではまだサポートされていません……)。
  • データのセキュリティ
    ユーザーコンテキストと行レベルセキュリティを使って、マルチテナントアプリケーションでもデータのセキュリティを維持できるようになります。
  • クラウドSQLデータストアへのデータ格納
    Azure SQL Database、Azure SQL Data Warehouseといったクラウドでアクセス可能なSQLベースのデータソースにデータを格納できるようになります。
  • ビジュアルからのデータのエクスポート
    レポート内のビジュアル(グラフ)から2クリックで簡単にデータをエクスポート可能になります。
  • SDKのサポート
    .NET、JavaScript向けのSDKによって、開発が簡素化されます。
  • APIのバージョニング
    Power BI Embedded向けのREST APIが適切にバージョニングされるようになります。
  • 課金の簡素化
    9月に、課金モデルが簡素化され、各ビジュアルではなくレポートのロード回数に対して課金されるようになります。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

自社にとって最大のセキュリティ脅威は何ですか

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]