編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

CA、性能監視ソフト「UIM」に新機能--DockerやNutanix、OpenStackも対象に

NO BUDGET

2016-07-19 12:07

 CA Technologiesは、統合IT監視ソフトウェア「CA Unified Infrastructure Management(UIM)」に新機能を追加した。7月14日に発表した。

 コンテナの「Docker」、オールフラッシュストレージの「Pure Storage」、統合システムの「Nutanix」、オープンソースソフトウェアのIaaS環境構築管理基盤ソフトウェア「OpenStack」の性能監視機能を追加した。IaaS/PaaS「Amazon Web Services(AWS)」のインフラ監視機能も強化した。今回の機能強化で、現在利用可能なスタンドアロンのモニタリングのほとんどを単一製品で網羅したことになると位置付けている。

 今回の強化のうちAWSに関するものでは、性能に対してより深く、すぐに活用可能なインサイトを提供する機能と、請求関連情報についての監視機能が向上した。そのほかにも、企業が運用効率をさらに向上させ、管理の手間を軽減するための以下の機能が追加されている。

  • 性能問題の根本的原因をすばやく特定、平均修復時間を短縮しエンドユーザーエクスペリエンスを向上させるサービス中心の一元化されたアナリティクス機能
  • 140以上のオンプレミス、クラウド技術に対して即座に利用できる監視機能
  • さまざまなグループのシステムに適用可能な使いやすい監視設定のテンプレート

TechRepublic Japan関連記事

 UIMは、オンプレミス、プライベートクラウド、パブリッククラウドをベースとするインフラストラクチャ全体を単一コンソールで網羅的に可視化し、複雑になりがちなハイブリッドインフラストラクチャを容易に管理するという。オープンで拡張可能なアーキテクチャとなっており、ユーザーは新しい技術を簡単に監視対象とすることが可能。新しいインフラストラクチャ技術を導入する際には、そのモニタリングツールにアクセスして管理する手間が生じていたが、それを不要にすると説明している。

 CAは今回、ハイブリッドクラウド環境に接続しスケールするSDN/NFVなどの近代的なネットワークの信頼性を確保するため、「CA Virtual Network Assurance」の提供も開始した。これにより、ユーザーは仮想と物理の両方のネットワークスタック全体の動的な変化を一つのビューを通して詳細に把握できるようになり、性能、生産性、俊敏性を向上させるとともに、新たなサービスの導入を加速できるとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]