編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」

ヴイエムウェア、第2四半期決算を発表--売上高は前年同期比11%増

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-07-19 10:58

 仮想化技術の大手であるVMwareは米国時間7月18日の株式市場終了後、2016会計年度第2四半期決算(6月30日締め)を発表した。

 純利益は2億6500万ドル(1株あたり62セント)だった。売上高が前年同期比11%増の16億9000万ドル、非GAAPベースの1株あたり利益は97セントとなった。

 アナリストらは売上高を16億8000万ドル、1株あたり利益を95セントと予想していた。

 最高財務責任者(CFO)のZane Rowe氏は、第1四半期に発表した12億ドル分の株式買い戻し計画が順調に進んでいると述べた。

 第3四半期について、売上高が17億3800万~17億8800万ドル、非GAAPベースの1株当たり利益が1.08~1.11ドルの見通しとしている。アナリストらは売上高が17億2000万ドル(非GAAPベースの1株あたり利益は1.05ドル)になると予想している。

 クラウド関連のソフトウェアやサービスを手がける同社は、親会社であるEMCとDellの合併に向けて準備を進めている。VMwareの最高経営責任者(CEO)Pat Gelsinger氏は5月、同社の事業運営は、DellによるEMCの組織再編や統合の取り組みによる影響をほとんど受けないと述べている。

 DellとEMCの合併後、VMwareがスピンオフされるといううわさがあったものの、VMwareはそうした計画はないと断言している。VMwareによると同社は、DellとEMCの統合後の新会社(Dell Technologiesという名前になる)の企業向け部門として編入される予定だという。DellとEMCの合併による売上高の相乗効果は10億ドルに上るとされている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  2. 経営

    迫られる改正電子帳簿保存法対応--中小・中堅企業に最適な簡単&現実的な運用方法とは

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. 運用管理

    5G時代におけるクラウドサービスの問題点、通信の最適化・高速化を実現する「MEC」の活用事例を紹介

  5. コミュニケーション

    情報が見つからない&更新が進まないFAQページは絶対NG!効果的なFAQを作成・運用するために

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]