編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

シトリックスの「GoTo」事業、リモートアクセスサービスのLogMeInと統合へ

Stephanie Condon (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-07-28 10:20

 リモートアクセスソフトウェアを手がけるLogMeInと、Citrix Systemsの「GoTo」事業の合併が米国時間7月26日、両社によって発表された。この取引の規模は約18億ドルとされている。

 Citrixは2015年11月、GoToブランドで提供する事業をスピンオフさせ、独立した企業として運営する計画を発表していた。このスピンオフを今回発表した合併の一環として実施することで、Citrixは事業の移転を(合併という名の下で)非課税にできる。この形態は「リバース・モリス・トラスト方式」と呼ばれている。

 合併は両社の取締役会において全会一致で承認された。

 Citrixの最高経営責任者(CEO)Kirill Tatarinov氏は発表のなかで「われわれは、この(LogMeInとGoToの)組み合わせによって利害関係者全員に良い結果がもたらされると確信している。LogMeInとGoToはビジネスコミュニケーションやパーソナルコミュニケーションをシンプルなものにすることで、顧客の期待を上回る革新的なソリューションを生み出すという共通の目標を持っている。われわれは既にGoToのスピンオフに向けた準備を進めているため、この取引は円滑に行われると考えている」と述べている。

 統合後の新会社は200万以上の顧客を抱えることになり、年間売上高は10億ドルを超える見通しとしている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]