マイクロソフト、さらに2850人の人員を削減へ

Mary Jo Foley (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2016年07月29日 10時33分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは、5月に発表した1850人の人員削減に加えて、さらに多くの人員をレイオフする計画だという。

 Business Insiderの報道によると、Microsoftは7月28日付けで提出した年次財務報告書「Form 10-K」のなかで、2017会計年度(2016年7月1日~2017年6月30日)中に追加の人員削減を予定していることを明らかにしたという。

 同報告書には以下のように記されている。

 「2016年5月に発表した1850人の人員削減に加えて、この計画を拡大するかたちで世界でさらに約2850人の人員削減を実施する。これらの削減は2017会計年度中に完了する見込みだ」

 同報告書によると、Microsoftは6月30日時点でフルタイムの従業員を11万4000人抱えており、そのうち6万3000人は米国で働いているという。

 Microsoftの広報担当者は、同報告書の内容以上にコメントすることはないとし、この計画にそって既にレイオフされた人数についても明らかにしなかった。

 2015年7月に同社は、携帯電話ハードウェア事業を中心とする7800人の人員削減を2016会計年度に実施すると発表していた。当時、MicrosoftはNokiaの買収に関連して76億ドルの減損処理と、それに伴う7億5000万〜8億5000万ドルのリストラ関連費用を計上すると述べていた。

 Microsoftが発表したこの計画は、2015年末までに7800人の人員削減を概ね完了させ、2016会計年度の終わり、すなわち2016年6月30日にすべて完了させるというものだった。

 そして同社は2016年2月に、この7800人とは別に、さらなる人員削減を携帯電話ハードウェア事業で実施した。そして5月、上述した1850人のレイオフを発表した。そのほとんどは携帯電話ハードウェア事業に携わる従業員だった。この5月の人員削減には、同社がFIH Mobileに売却したフィーチャーフォン事業に携わる4500人の削減は含まれていない。

 今回発表された2850人の人員削減の大半は、筆者が聞き及んでいる限り、既に通知済みのようだ。これには7月初めの営業グループの組織再編に関連する約900人が含まれている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算