調査

第3のプラットフォーム向けITサービス市場は高成長を維持--IDC Japan

NO BUDGET

2016-08-08 10:45

 IDC Japanは8月4日、クラウドサービス、ビッグデータを含むビジネスアナリティクス、エンタープライズモビリティ、ソーシャルビジネスの4分野からなる「第3のプラットフォーム」向けのITサービス市場についての支出額予測を発表した。国内ITサービス市場全体が2015~2020年の年平均成長率(CAGR)が1.7%と低成長で推移する中で、第3のプラットフォーム向けITサービス市場の各分野は非常に高い成長率で拡大すると予測している。

 4分野のうち特に大幅な成長が見込まれるのがクラウドサービス向けITサービス市場で、2015年の支出額規模はすでに3848億円に達しているが、2015~2020年のCAGRが34.9%と非常に高い水準を維持し、2020年には1兆7205億円になると予測している。

 また、国内ビジネスアナリティクス向けITサービス市場も、同期間のCAGRが8.9%とクラウドサービス向けには及ばないものの、国内ITサービス市場全体と比較すると高い成長率で拡大を継続すると予測。さらに、国内エンタープライズモビリティ向けITサービス市場も同期間のCAGRが21.6%、国内ソーシャルビジネス向けITサービス市場は規模が小さいものの、やはりCAGRが30.2%と高水準の成長が予測されている。

 さらにIDCでは、これら4分野全てで、2019~2020年に前年比成長率が再上昇すると予測している。その主要な原動力となるのが、企業や産業のデジタルトランスフォーメーション(DX)。予測期間の後半にかけて、企業や産業のDXに対する取り組みが本格化することにより、それを支えるプラットフォームとなる第3のプラットフォームの導入や運用を支援するためのITサービスが拡大していくとした。

 第3のプラットフォーム向けITサービス市場は、このDXを原動力として相互に影響しつつ全分野で高成長を継続する一方、従来型の「第2のプラットフォーム」向けITサービス市場は縮小に向かい、予測期間の後半にかけてその縮小幅は拡大していくとした。

 「ITサービスベンダーは、第3のプラットフォーム向けITサービス市場におけるサービスが、既存システム領域の第3のプラットフォームへの対応を支援するものと、顧客のデジタルトランスフォーメーション(DX)の支援に区別されることを理解し、それぞれに最適なサービスを提供していくことが重要である」と、同社ITサービス シニアマーケットアナリストの植村卓弥氏はコメントしている。

国内第3のプラットフォーム向けITサービス市場支出額予測、2015~2020年
国内第3のプラットフォーム向けITサービス市場支出額予測、2015~2020年

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]