編集部からのお知らせ
記事PDF集:官民意識のゼロトラスト
電子インボイスの記事まとめ

デルのEMC買収、9月7日に完了へ--中国当局が承認

ZDNet Japan Staff

2016-08-31 10:55

 DellとEMCは米国時間8月30日、中国商務部(MOFCOM)がDellによるEMCの買収を承認したことを発表した。これにより、9月7日に買収が完了する見込みだ。新社名は「Dell Technologies」となる。

 買収は2015年10月に発表された。買収金額は670億ドルで、IT業界最大規模となった。すでに米国、欧州連合などの規制当局の承認を受けており、7月にはEMCの株主による承認も得ている。中国は最後の関門となっていた。

 Dellを創業し、会長兼最高経営責任者(CEO)を務めるMichael Dell氏は、「DellとEMCの双方にとって歴史的瞬間となる。合併した企業は、デジタルトランスフォーメーション、ソフトウェア定義データセンター、コンバージドインフラ、ハイブリッドクラウド、モバイル、セキュリティなど次世代のITにおける最も戦略的な分野での成長に向け、非常に好位置につく」とコメントしている。

 EMCの会長兼CEOのJoe Tucci氏は、「EMCはボストンに拠点を置く小さなスタートアップとして始まり、顧客を第一とする世界的な技術企業となった。こうしてわれわれがEMCで築いたすべてを誇りに思う」とし、Dellと合併することで「業界に新しい強力な企業が生まれる」としている。なお、EMCはDell Technologiesの下、「Dell EMC」として再スタートを切る。

 DellはEMCのグループ企業であるVMware、RSA、VCE、Pivotalといった企業も傘下に収める。8月29日、米ラスベガスで開催中のVMwareの年次イベント「VMworld 2016」に登場したDell氏は、買収後の企業について、「非公開企業であるため長期的視野に立って柔軟に投資ができる」と強みを強調していた。

 Dell TechnologiesはHewlett Packard Enterprise(HPE)、IBMらと競合することになる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  2. 経営

    ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説

  3. 経営

    問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備

  4. ビジネスアプリケーション

    緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策

  5. ビジネスアプリケーション

    たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]