VMWorld

IBMとの提携強化--自由と管理の両立をテーマにVMworld開幕

末岡洋子 2016年08月30日 16時37分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米VMwareは8月29日、米ラスベガスで年次カンファレンス「VMworld 2016」を開幕した。初日の基調講演では、同社が進めてきたSDDC(ソフトウェア定義データセンター)をさらに進め、複数のパブリッククラウドを管理する「Cross-Cloud Architecture」を打ち出し、それを具現化する製品を発表した。

 最高経営責任者(CEO)のPat Gelsinger氏は、「(さまざまなパブリック、プライベートクラウドを選択できる)自由の提供と同時に管理を可能にする」とパブリッククラウド時代の戦略を明確にした。13回目となる今年は、世界から約2万3000人が事前登録するなど規模が拡大、場所もサンフランシスコからラスベガスに移しての開催となった。

パブリッククラウドが50%を超えるのは14年後

 Gelsinger氏はまず、事業のトレンドから説明した。Googleの検索用語でも急上昇しているという「デジタルトランスフォーメーション」――だが、これは企業がそれぞれ育ててきた伝統的なビジネスと対立するものではないという。

 創業1892年、以来120年以上にわたって革新を続けるGeneral Electric(GE)の例を挙げながら、「伝統的なビジネスとデジタルビジネスは対立するものではなく、イコールの関係にある」とする。

VMwareのCEO、Pat Gelsinger氏。足を怪我したとのことで、足を引きずりながらステージに立った。
VMwareのCEO、Pat Gelsinger氏。足を怪我したとのことで、足を引きずりながらステージに立った。

 一方で、調査会社の米IDCによると、新しい方法で顧客とのエンゲージして、競合優位性を作り出している「デジタルリーダー」と分類できる企業は20%しかないという。リーダーとその他を分けているのが「企業のカルチャー」と「技術」だ。

 カルチャーでは「これまでのルールを書き直すのではなく、今日の環境に合わせて最適化して次のレベルに移動する必要がある」とGelsinger氏。技術も同じで、これまでのクライアント/サーバを最適化するのではなく、モバイルとクラウドアーキテクチャを活用する必要があるという。

 “クラウド”という言葉は当時GoogleのCEOを務めていたEric Schmidt氏が2006年8月に検索エンジンのイベントで、「(データが)雲(cloud)の中のどこかにある――われわれはこれをクラウドコンピューティングと呼んでいる」としたのが始まりとされている。

 それから10年、クラウドは少しずつ浸透してきた。2006年当時、当然ながらワークロードのほとんどは伝統的なITインフラの上で動いていた。わずか2%を占めたパブリッククラウドはSaaSの先駆けSalesforce.comであり、プライベートクラウドはゼロだ。

 5年後の2011年のスナップショットを見ると、ワークロードは8000万に、7%がパブリッククラウド、6%がプライベートクラウドとなる。そして現在、2016年はワークロードは1億6000万、パブリッククラウドは15%に、プライベートクラウドは12%になった。だが、いまだに73%が伝統的なITの上で動いている。

「いつクラウドの比率が50%になるのか」

 「クラウドの比率が半数を超えるのはいつか」。Gelsinger氏が社内のデータ部門に分析してもらったところ、答えは2021年の6月だという。パブリッククラウドが30%、プライベートクラウドは20%を占め、残りが伝統的なITとなる。なおパブリッククラウドのうち14%はSaaS、16%はIaaSだという。

 パブリッククラウドが50%を占める時期については、14年後の2030年というのがVMwareのデータチームの予想だ。その時点でワークロードの数は現在の3.5倍に当たる6億近くになる。パブリッククラウドは52%を占め、プライベートクラウドは29%に、伝統的なITは19%になっているという予想だ。「14年も先だ。すべきことがたくさんある」とGelsinger氏。

 クラウドのトレンドに合わせて、ホスティング市場も成長を遂げる。この市場は現在、600億ドルだが、2021年にはその規模が1100億ドルになると見込む。顧客はハードウェアの運用をプロに任せたいと思っており、マネージドサービス市場は80%の成長率で拡大する。

 「大きなチャンスがある」とGelsinger氏。ここでVMwareは「vCloud Air Network(vCAN)」としてサービスプロバイダーがVWwareの技術を利用してクラウドホスティングサービスを提供できるプログラムを展開している。現在、パートナーとして4200社が参加しており、地理的には120カ国に拡大しているとGelsinger氏は報告した。

 端末側はどうだろうか。PC、タブレット、モバイル端末は2016年に82億台、2021年には87億台となる予想だが、目覚ましいのはインターネットにつながる「モノ」だ。2011年には12億台に過ぎなかったモノは、2016年には41億台に、2019年に人が利用する端末を上回り2021年には180億台に達すると見ている。

IT部門の役割は変わる――”自由を与え管理”

 これらのトレンドの中、ITの役割はどうなるのか。「IT市場は縮小するという通念は正しくない」とGelsinger氏。「クラウドによりITはさらにコスト効率が高くなり、アクセスしやすくなる。ITへの投資はさらに拡大する」と続ける。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]