編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

レッドハット、「OpenShift Container Platform 3.3」発表

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2016-09-26 16:29

 Red Hatが「OpenShift」プラットフォームを採用したPaaS型クラウドサービスを2013年にローンチした際、同社は開発を容易にすることに主眼を置いていた。OpenShiftの主たるテーマは現在も変わっていないが、Red Hatは今日におけるクラウド上の開発とコンテナは切っても切り離せない点を浮き彫りにしようとしている。「Red Hat OpenShift Container Platform 3.3」という名前がそのことを如実に物語っている。

 この最新製品は「Red Hat Enterprise Linux(RHEL)7」上に構築されており、コンテナには「Docker」を、コンテナ管理とDevOpsには「Kubernetes 1.3」を採用している。

 Red Hat OpenShift Container Platform 3.3の主な特長は以下の通りだ。

  • Jenkinsの「Pipeline」をサポート:これにより、新しい継続的デリバリパイプラインなどを通じて、アプリケーション開発ライフサイクルに新たな自動化機能がもたらされる。また、A/Bテストの自動化が改善される。
  • クラウドスケールでの配備を強化:OpenShiftはコンピューティングクラスタ1つにつき、最大1000ノードまでサポートするようになった。これにより、ハイブリッドクラウド環境において、新規アプリケーションや既存のレガシーアプリケーションをより大きな規模で配備できるようになる。また、Kubernetesの力により、リソースの枯渇や、予期しないサービス停止を積極的に監視するとともに、防止できるようになる。
  • セキュリティを強化:Red Hatは、マルチテナント環境におけるセキュリティ強化に向け、コンテナとSecurity Enhanced Linux(SELinux)を統合するとともに、OpenShiftの統合コンテナレジストリを採用している。これにより管理者は、Dockerフォーマットのコンテナイメージを管理できるようになるとともに、アクセスやイメージの更新を統制できるようになる。

 Red Hatは「OpenShiftのレジストリにさらなる拡張を施した。これらには、コンテナイメージの詳細を表示したり、イメージへのアクセスを管理する機能が含まれている」と述べている。また、「OpenShiftはKubernetes向けの統合化されたユーザー認証や、ロールベースのアクセス制御を提供しており、これらは企業向けのLightweight Directory Access Protocol(LDAP)システムとも統合されている。また、コンテナの実行を念頭に置いて統合化されたセキュリティポリシーも含んでいる。これにより管理者は、コンテナイメージをプルし、実行するために必要となるユーザーアクセスや許可、割り当て、アクセスの制御が単一のインターフェースから可能になる」という。

 これまでと同様、OpenShiftはパブリッククラウドやハイブリッドクラウド、プライベートクラウド上で利用できる。新しいOpenShiftは9月27日からダウンロード可能になる予定だ。また、「OpenShift Online」プラットフォームおよび「OpenShift Dedicated」プラットフォームはその後間もなくアップデートされる予定だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]