NVIDIAとTomTom、自動運転車向けマッピング・システムを共同で開発

NO BUDGET 2016年10月03日 10時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NVIDIAと、マッピングおよびナビゲーションを扱うオランダのグループであるTomTom(TOM2)は9月28日、アムステルダムで開催されたGPUテクノロジ・カンファレンス(GTC Europe)において、自動運転車向けCloud-to-Carマッピング・システムを構築するための人工知能の開発に向け提携すると発表した。なお、GTC Europeは、シリコンバレーで毎年開催され7年目を迎えたNVIDIA GPUテクノロジ・カンファレンス(GTC)の欧州地域版として、今年初めて開催されたイベント。

 TomTomは1991年創設、アムステルダムに本社を置き、現在では従業員4600名以上を擁し、コンシューマ向けにナビゲーション機器、スポーツ・ウォッチ、アクション・カメラを生産、世界各地で製品を販売している。

 TomTomのHDマップ対象エリアは、すでに12万kmを超える幹線道路や高速道路に広がっている。今回の協業では、その対象エリアと「NVIDIA DRIVE PX 2」コンピューティング・プラットフォームが組み合わされ、幹線道路の運転に対し、車載されるリアルタイムの位置特定機能およびマッピング機能のサポートが加速されるという。

 NVIDIA オートモーティブ事業担当バイスプレジデント・統括マネージャーのロブ・チョンガー(Rob Csongor)氏は、以下のように語っている。

 「自動運転車は、常に最新のHDマップをクラウドで生成できる、きわめて正確なHDマッピング・システムを必要とします。DRIVE PX 2 for AutoCruiseにより、TomTomには、HDマップを更新するため、車載されるリアルタイムのソースが提供されます」

 NVIDIA DriveWorksソフトウェア開発キットには、TomTomのHDマッピング環境向けサポートが組み込まれ、自律走行車を開発するすべての自動車メーカおよびティア1サプライヤは、このオープンなソリューションを利用することができる。

 TomTomで自律走行部門を率いるウィレム・ストリボッシュ(Willem Strijbosch)氏は、以下のように述べている。

 「この協業は、TomTomにとって重要な一歩です。当社のきわめて正確なHDマップとNVIDIAの自動運転車プラットフォームを組み合わせれば、自動車メーカに対して新しい機能をより迅速に提案でき、その結果、自律走行の商用化を早めることができるでしょう」

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算