サムスン、AIプラットフォーム開発企業のVivを買収へ

Cho Mu-hyun (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2016-10-06 18:29

 サムスン電子は、オープンな人工知能(AI)プラットフォーム開発企業のVivを買収すると発表した。

 今回の買収は、仮想パーソナルアシスタントと、サムスンのすべてのデバイスでAIを基盤としたオープンエコシステムを利用できるようにすることに同社が関心を持っていることを示している。同社は声明の中で、Vivの優れたプラットフォームを、サムスンが持つ最先端のデバイス、サービス、世界的なリソースと組み合わせることで、次世代AIソリューションの普及が加速されるだろうと述べている。

 サムスン電子には、Appleの「Siri」に相当する自社製の仮想アシスタントアプリ「S Voice」がある。

 サードパーティー開発者は、VivのAIプラットフォームを利用して、会話可能なアシスタントを作成することや、既存のプラットフォームに自然言語ベースのインターフェースを統合することができる。Vivは買収完了後も独立した形で運営しつつ、サムスンのモバイル部門と緊密に連携していく予定だ。

 Vivの共同創業者であるDag Kittlaus氏は、Appleが自社の仮想アシスタントサービスのために買収したSiriの共同創業者でもある。

 サムスンのモバイル事業通信担当最高技術責任者(CTO)Injong Rhee氏は、「AIをベースとしたほかの既存サービスとは違って、Vivは洗練された自然言語理解能力と、機械学習の能力、幅広いサービスエコシステムを構築するための戦略的パートナーシップを持っている」と述べている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]