編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ
IoT

ソラコムとKDDI、共同でIoT向けの回線サービスを開発

山田竜司 (編集部)

2016-10-19 16:21

 ソラコムとKDDIは10月19日、共同開発したIoT向けの回線サービス「KDDI IoTコネクト Air」を発表した。12月以降に提供を開始する。KDDIのネットワークでもソラコムのSIMが使えるようになる。


ソラコムの代表取締役社長の玉川憲氏

 KDDI IoTコネクトAirはSIM単体での提供サービスとして、1日10円の基本料や、1MB0.2円からのデータ通信料など、IoTに特化したシンプルかつ安価な料金体系が特徴。また、ウェブ上での申し込み、発行、管理ができるためすぐにIoTビジネスを始められるほか、ウェブ上で通信速度の変更、通信の監視などを、一括操作し、集中的に管理できるとした。

 KDDI IoTコネクトAirは、KDDIのネットワーク回線と、ソラコムのクラウド上にソフトウェアとして構築されたコアネットワーク(パケット交換や回線管理、帯域制御など)「SORACOM vConnec Core」を利用し、KDDIとソラコムが共同開発した。


 ソラコムは、NTTドコモの仮想移動体サービス事業者(MVNO)として従量課金で価格を抑えたSIMとAWSのクラウドをつなぐIoTデバイス向けモバイルデータ通信サービス「SORACOM Air」を提供しているが、KDDIのネットワークでもソラコムの SIMが使えるようになる。

 KDDIのビジネスIoT推進本部は「IoTという言葉が拡散したこの1年でわれわれから提案しなくても、顧客から(ソラコムのような)デバイスにネットワークを低価格ではじめられるようなサービスはないか、という引き合いが多い。自社でサービス開発するよりもすぐに顧客ニーズに応えられるようにするため、ソラコムと連携した」と語った。また、既存のIaaSやPaaSといったサービス、他のアプリケーションとともにKDDIのみでモバイルネットワークを含めたIoT関連サービス提供する体制を作る意図があったと語った。

 ソラコムの代表取締役社長の玉川憲氏は「(KDDIの顧客を含め)ユーザーがIoT通信基盤に求めているセキュリティや運用、開発の楽さ、手軽さをわれわれは提供している。2015年の9月末のサービス開始以来顧客は4000を超えた」とアピールしている。


ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]