編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

グーグル、クラウドストレージのサービス体系を刷新--さらなる値下げも

Nick Heath (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-10-21 10:41

 Googleは米国時間10月20日、クラウドストレージのサービス体系を刷新するとともに、より低い料金で利用できる新たな階層を追加したと発表した。

 これにより「Google Cloud Storage」プラットフォームは、「Multi-Regional」と「Regional」「Nearline」「Coldline」という4つのタイプで提供されることになる。

 ColdlineはGoogle Cloud Storageの新しい階層であり、アクセスが1年に1回未満のデータを対象としたものだ。料金は4タイプのなかで最低価格となっており、1Gバイトあたり月額0.7セントで、1Gバイトあたり5セントのアクセス料金が必要となる。これはディザスタリカバリ(障害時の復旧)や長期のアーカイブを念頭に置いた階層となっている。Googleは、Coldlineによってコールドストレージに対する高速なデータアクセスが提供されると述べるとともに、他の階層と同様にミリ秒単位でのアクセスが可能だと述べた。

 コールドストレージの料金について言えば、GoogleはColdlineの提供によってAmazon Web Services(AWS)と肩を並べることになる。AWSは既に、「Amazon Glacier」で1Gバイトあたり月額0.7セントを実現している。

 以前からあったNearlineというストレージ階層は引き続き提供される。これは、バックアップやめったにアクセスされないドキュメントといった、頻繁にアクセスされることがないデータを対象としたものだ。料金は1Gバイトあたり月額1セントだ。

 Multi-Regional階層は世界の複数リージョンにデータを格納することで、1地域でのサービス中断に備えた地理的冗長性を確保するとともに、世界各地に散らばるユーザーにコンテンツを提供する際のローカルキャッシュとしての機能を提供し、レイテンシを低減するためのものだ。

 Multi-Regional階層の料金は1Gバイトあたり月額0.026ドルであり、米国とEU、アジアで利用可能となっている。なお、複数リージョンをまたがる既存の標準ストレージはすべて、Multi-Regional階層へと移行されている。

 そしてRegional階層は、特定のリージョン内で「Google Compute Engine」や「Google Cloud Machine Learning」といった同社のクラウドコンピュートサービスにデータをフィードするためのストレージを必要とするユーザーに向けたものだ。この階層は、データのトランスコーディングやビッグデータのアナリティクスといった、高いスループットを必要とするワークロードに適している。

 Regional階層の料金は1Gバイトあたり月額0.02ドルとなっている。単一リージョン内における既存の標準ストレージはすべて、Regional階層に移行されている。Googleによると新料金は11月1日から適用され、23%の値下げに相当するという。

 Multi-Regional階層とRegional階層におけるAPIの利用料金も11月1日から引き下げられる。具体的にはクラスAの操作料金が50%値下げされ、1000回の操作ごとに0.005ドルとなり、クラスBの操作料金は60%値下げされ、1万回の操作ごとに0.004ドルとなる。


提供:Google

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]