編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

日本MSとSBクリエイティブ、IoTとPepperを連携させた多言語対応サービスの実証実験

NO BUDGET

2016-10-24 12:19

 日本マイクロソフトとSBクリエイティブは10月21日、SBクリエイティブの「インテリジェント・ラベル」とソフトバンクロボティクスの人型ロボット「Pepper」を連携させた多言語対応サービスの実証実験を開始すると発表した。

 インテリジェント・ラベルは、店舗の商品棚にマイクロデジタルパネルを取り付け、インターネット経由でそれぞれの商品情報をタイムリーに発信できるIoTソリューションで、モーションセンサー(Kinect for Windows)と連携させることで、顧客の棚前行動を把握・分析することができる。


インテリジェント・ラベルとPepperの連携イメージ

 実験では、Pepperがいる場所に顧客が近づくと、インテリジェント・ラベルのモーションセンサーが検知し、Pepperによる顧客対応を行う。顧客の発話言語をPepperが判別し、顧客が手にした商品の理解の促進と購入の後押しを判別した言語で行う。言語の切り替えは、Microsoft Azure上に送られた情報をもとに行われ、インテリジェント・ラベルに表示されるコンテンツも切り替わる。今回の実験で対応する言語は、日本語、中国語、英語の3種類。


実証実験のイメージ

 インテリジェント・ラベルのモーションセンサー(Kinect for Windows)は、顧客の接近だけでなく、顧客が手にした商品の種類も検知する。実験で得られた情報は、マイクロソフトのAI技術「Microsoft Cognitive ServicesやAzure Machine Learning」を活用してPepperと共有される。今後、AI機能をさらに強化し、一連の対応でえられた顧客属性、行動パターン、感情などを分析、学習したうえでサービスの向上につなげていく。

 同実証実験は、資生堂ジャパンと協力して首都圏のドラッグストアで行われる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]