編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

シマンテックが第2四半期の業績を発表--Blue Coat買収の成果をアピール

2016-11-04 12:09

 Symantecが米国時間11月3日に発表した会計年度2017年第2四半期(9月30日締め)決算では、予想を上回る業績となった。Blue Coatの買収が効果を生んでいるようだ。

 Symantecは第2四半期に1億4400万ドル(1株あたり23セント)の損失を計上した。売上高は前年同期比8%増の9億7900万ドルだった。非GAAPベースの1株あたり利益は30セントだった。

 金融アナリストらの予想は、売上高9億7880万ドル、1株あたり利益20セントだった。

 Symantecの最高経営責任者(CEO)Greg Clark氏は、第2四半期の業績にはBlue Coatの買収が反映されていると説明している。営業チームはBlue Coatを統合した製品ポートフォリオを売り始めているという。

 今後の見通しとしては、エンタープライズセキュリティ製品群の需要が堅調であるとして、下記のような予想を出している。


 このほかにも、エンタープライズベンダーではCornerstone OnDemand、Hortonworks、Arista Networksなどが業績を報告している。

 人材管理(HCM)ソフトウェアプロバイダーのCornerstone OnDemandの第3四半期決算は売り上げが前年同期比23.5%増の1億780万ドル、損失が1240万ドルであった。非GAAPベース利益は1株あたり11セントだった。

 たとえば、Hadoopディストリビューションを提供するHortonworksは、第3四半期の業績報告とともに顧客数が1000社の大台に達したと報告した。同期の売上高は前年同期から47%増加し4750万ドルだったが、6470万ドル(1株あたり1.10ドル)の損失を出している。金融アナリストの予想は、非GAAPに基づく1株あたりの損失が66セント、売上高は4516万ドルだった。

 Hortonworksは第4四半期の売上は4800万ドルで、通年の売上高は1億8050万ドルに達するとの予想を出している。

Arista Networksが発表した第3四半期決算は売り上げが前年同期比33.4%増の2億9030万ドル、利益が5130万ドル(1株あたり69セント)。第4四半期は売り上げが3億1000万ドル~3億2000万ドルと予想する。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]