ネットワークセキュリティの要諦

標的型攻撃メール対策としてのクラウドストレージ

広瀬 努 2016年11月22日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クラウドストレージはメールより安全か

 標的型攻撃の被害は収まる気配がありません。2016年も、多くの顧客情報を扱う大企業から機密情報を扱う研究機関までマルウェアによる個人情報の流出事件の報道が相次ぎました。報道された事件の多くが、メールによるマルウェア感染により引き起こされています。

 警視庁の公表した2016年上半期の標的型メール攻撃の件数は1951件で、2015年の下半期からは減少しているものの、2年前の216件からは大幅に増加していることが分かります。巧妙なだまし文句で、人間の心理の隙を突いて警戒心を解き、相手を狙い打つ。添付ファイルを開かせて感染させる手口は、標的型攻撃の常套手段の1つです。

警視庁
警視庁による「平成28年上半期におけるサイバー空間をめぐる脅威の情勢等について」より「標的型メール攻撃の件数の推移」

 標的型メール攻撃に用いられるマルウェアはPC上で実行可能な形式のファイルで、典型的なものは、EXE形式といわれるものです。海外では、メールにEXEファイルが添付されていた場合、受信できない設定にしている企業が大半ですが、国内では受信を禁止している企業は、大手を含めて稀です。

 実際に弊社パロアルトネットワークスの顧客の実データに基づく統計データによると「メールに添付されているWindows実行形式ファイル数」の国別トップ5は、2位の米国と比べ1.5倍近い差をつけて日本が1位となっています。

(パロアルトネットワークス調べ)
メールに添付されているWindows実行形式ファイル数 国別データ(パロアルトネットワークス調べ)

 このため、実行形式のファイルを文書ファイルのように見せかけて、添付ファイルをクリックするだけでマルウェアを実行させる初歩的なだましの手口も、まだまだ日本では通用しています。外部との実行形式ファイルのやり取りの必要性から、メールへの添付の禁止に踏み出せないのだと思いますが、このままでは、標的型攻撃に対する企業側のリスクは高いままです。

 そもそもメールによるファイルの共有そのものが時代遅れだといえます。最近は、ビジネスでも高画質な写真や動画など、サイズが巨大なファイルをやり取りするケースも増えています。添付ファイルのサイズ上限は引き上げられているとは言え、動画などの巨大ファイルは、さすがにメールではやり取りできません。こうした外部とのファイル共有に役立つのがクラウドストレージです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算