編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

SUSE、SDS管理ソフト新版--ファイルやブロック、オブジェクトのアクセス統合

NO BUDGET

2016-11-18 15:50

 SUSEは米国時間11月17日、ソフトウェア定義型ストレージ(SDS)管理ソフトウェアの新版「SUSE Enterprise Storage 4」を発表した。近日中に提供する。

 オープンソースソフトウェア(OSS)の分散ストレージ技術「Ceph」の最新版である「Jewel」をベースとしており、分散ファイルシステム「CephFS」を採用している。

 バルクやアーカイブ、大規模データのストレージ管理の運用効率などを向上させられると説明。ブロック、オブジェクト、ファイルの3種のアクセス方法を統合することで、大規模なデータストレージの可用性や運用コストなどの課題を解決できるという。

 OSSのストレージ管理フレームワークである「openATTIC」をCephのグラフィカルユーザーインターフェース(GUI)として活用することで管理を簡素化、コスト効率を向上する。ブロックストレージの長距離複製機能とマルチサイトのオブジェクトストレージ複製機能などでデータ保護と災害復旧(DR)対策を向上させるとしている。

 Enterprise Storage 4の用途として、ビデオ監視や監視カメラ、マンモグラフィーやX線、コンピュータ断層撮影(CT)、核磁気共鳴画像法(MRI)などの医療用画像処理、ゲノムマッピング、CAD、アーカイブ、仮想マシンのストレージ、バックアップなどを挙げている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]