編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」
米ZDNet編集長Larryの独り言

「Slack for Enterprise」の準備を進めるSlack

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2016-11-24 06:00

 2017年前半に、エンタープライズ向け「Slack」のリリースが予定されている。最大のセールスポイントは、社内に無秩序に分散する個人アカウントを使用しているチームを、企業が管理する手段が得られることだろう。

 Slackの最高技術責任者(CTO)Cal Henderson氏によれば、Slackは簡単に大規模なコミュニケーションプラットフォームを展開できるツールのベータテストを行っているという。

 例えばSlackは、Fortune 100企業の28%と企業ライセンス契約を結んでいる。しかし、企業の最高情報責任者(CIO)たちは、会社内でSlackを使用しているチームの数や、使われているSlackのインスタンス数を正確に把握していない。

 エンタープライズ向けSlackは、管理やプロビジョニングのためのツールだけでなく、シングルサインオン機能も備えている。「現在、さまざまな企業でベータテストを行っている。IT部門は、社内に無秩序にSlackの利用が広がっているという課題に直面している。多くのチームは、個別にSlackを購入している」とHenderson氏は言う。


 テクノロジ担当役員が抱える課題は、これまでになかったものだ。アプリケーションが草の根的に企業に普及すること自体は、新しい話ではない。コンシューマライゼーションが進み、従業員が個人所有のハードウェアやソフトウェアを仕事に持ち込むことが多くなった。

 しかし、Slackの管理問題がほかと違うところは、同社の潜在需要が非常に大きいということだ。CRMは普通の従業員が関わるようなものではなく、「Salesforce」などのクラウドサービスは事業部門の責任者が採用して普及した。「Amazon Web Services」は、個人開発者の利用からスタートしたように、この市場は最初は開発者から始まっている。

 それに対して、Slackはチームに所属する社員なら誰でも使うことができ、例えばIBMは、3万5000ユーザー分ものSlackアカウントを持っている。Slackを中央で管理できるのは便利だが、それにはまず無秩序に利用が広がる問題を制御する必要がある。Henderson氏は「現在は、10万人のユーザーにSlackを展開するという課題に取り組んでいる」と述べている。

 Henderson氏は企業顧客を、プラットフォーム、エコシステム、国際性と並ぶSlackの成長エンジンだと捉えている。同氏の考えでは、シリコンバレー企業を除けば、Slackのことを知らない企業はまだまだ多く、今後企業顧客が増える可能性は高い。

 「相対的に言って、Slackのことを知っている人の数は少ない。拡大の余地は大きい」と同氏は述べている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド

  2. クラウドコンピューティング

    カギは物理世界とクラウドの接続あり!成果が出やすいIoT活用のアプローチを知る

  3. クラウドコンピューティング

    IoTにはこれだけのサイバー攻撃リスクが!まずはベストプラクティスの習得を

  4. セキュリティ

    エンドポイントの脅威対策をワンストップで提供 現場の負荷を軽減する運用サービス活用のススメ

  5. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]