編集部からのお知らせ
テレワーク関連記事一覧はこちら
新着PDF:RPA導入企業、その後
海外コメンタリー

インドIT企業も変革迫られる今、際立つウィプロの戦略とは - (page 4)

Rajiv Rao (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2016-12-02 06:30

 インドのITサービス業界では、2008年から2015年までの7年間で従業員1人当たりの年平均売上高が4万4775ドルから4万1619ドルに低下している一方、売上高は677億ドルから1465億ドルに倍増している。このような業界において、生産性の向上は何よりも喫緊の課題であり、自動化はその目的を達成するための重要な鍵となっている。

 同国のITサービス企業のなかには、急速な変化に翻弄(ほんろう)されており、手元資金を有効に活用できておらず、最前線の業務を米国に移すことを前向きに検討せず、未来を築き上げるための積極的なプレーヤー(すなわち将来の環境変化に耐えられる企業)になろうとも考えていないところがある。こういった企業は自ら苦を呼び込み、あっという間に衰退していくだろう。

 世界で活躍している大企業はそのことを認識している。例えばIBMは、Salesforceの最大のパートナーであるBluewolfを買収し、AccentureはSalesforceの別の有力パートナーであるCloud Sherpasを買収している(また、Accentureはクラウドソーシングによるアプリのテスト企業Applauseに出資している)。

 時代の流れについていけなければあっという間に破滅に至るというのは明らかだ。現在のところ、そういった道を避けようと大胆かつ抜け目ない手に出ているのはWiproのみのようだ。同業他社もWiproを見習うべきだろう。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]