編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
米ZDNet編集長Larryの独り言

「iPhone」誕生から10年--企業にもたらした変化 - (page 4)

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2017-01-12 06:30

現場でのデータ

 iPhoneによってアプリやウェブツール、モバイル開発が一般的となり、企業は従業員が指先1つでデータをやり取りできるようにする必要性を実感するようになった。

 企業におけるモバイル指向を生み出したのはAppleだけの功績ではないとはいえ、iPhoneによって同社は、モバイル機器が情報をやり取りする優れたツールになり得る点を証明した。

 モバイルコンピューティングとクラウドコンピューティングによって、企業データがモバイル機器に向かう流れが生み出された。利用しているアプリがMicrosoftのOfficeであるか、あるいはSalesforceやIBM、SAPのものであるかに関係なく、iPhoneは従業員が出先で企業のデータを取り扱えるようにする道を切り開いたのだ。

企業向けアプリのエクスペリエンス

 iPhoneが企業に大きな影響を与えた分野として最後に、定量化が難しいとはいえ、述べておく価値があるものを挙げたい。iPhoneはエンタープライズソフトウェアや企業向けアプリの設計にも影響を与えた。

 モバイル分野においてiPhoneとそのアプリは、さまざまなエンタープライズソフトウェアベンダーにとって、モバイル設計の代名詞となった。iPhoneとコンシューマー向けのウェブインターフェースが一体となり、エンタープライズベンダーに対して、ユーザーエクスペリエンスを向上させるためのデザイン思考といったテクニックの採用を迫るようになったのだ。

 企業向けアプリのエクスペリエンスが向上したとはいえ、コンシューマー向けアプリの利用容易性と比べると少し見劣りする感はある。とはいえ、その差は縮まってきている。今日のエンタープライズテクノロジはずっと使いやすくなっており、それはiPhoneによるところが大きいと言えるだろう。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]