編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

富士通、マルケトとMA事業で協業--ツール連携、導入支援サービスを提供

NO BUDGET

2017-01-16 14:50

 富士通は1月13日、米国Marketoとマーケティングオートメーション(MA)事業で協業すると発表した。

 デジタルマーケティングソリューション「FUJITSU Digital Marketing Platform CX360」とエンゲージメントマーケティングプラットフォーム「Marketo」を連携させる。Marketoの導入支援サービスも提供する。

 「マーケティングダッシュボード」と「データ連携機能」を新たに開発した。

 マーケティングダッシュボードは、Marketoのデータに加えて、「Adobe Analytics」「Google Analytics」などのウェブログ、「Facebook」「Twitter」などのソーシャルデータをCX360上で組み合わせられる。MA、ウェブ、ソーシャルなど、複数のマーケティング施策の効果測定を一元管理できる。

 データ連携機能は、CX360での分析結果をMarketoに自動連携させる仕組みを構築できる。複数のデータソースを活用した顧客の行動パターンに基づくセグメント情報が生成され、Marketoでタイムリーな施策を実行できる。

 導入支援サービスは、MAを活用した戦略立案とMarketoの導入&定着支援が中心となっている。

 戦略立案では、富士通のマーケティングフレームワークを通じて、データ分析に基づいたターゲット顧客、ターゲット商材・サービスの選定、カスタマージャーニーに基づくコンテンツ、チャネル選定を実施する。MAの効果を最大限に引き出す戦略の立案を支援する。顧客関係管理(CRM)やコンテンツ管理システム(CMS)とMAを連携させたデジタルマーケティング全体も設計する。導入&定着支援は、富士通の専門家がMarketoの導入から運用、定着までをトータルで支援する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]