編集部からのお知らせ
EDRの記事まとめダウンロードはこちら
電子契約の記事まとめDLはこちら
CA World

コンテナ、クラウドがアプリケーションに与える影響は大きい - (page 2)

末岡洋子

2017-01-20 07:00

--デザインチームとのコラボレーションはどうか?

 デザインチームがアプリケーションの性能、どのように利用されているかを知ることのメリットは大きい。今後の強化分野の1つだが、すでにApp Experience Analyticsではヒートマップとしてモバイルアプリケーションでユーザーが画面のどこをタッチしているのかの情報を表示する機能がある。デザインチームはこの情報を活用して、購入ボタンの位置を変更するなどの改善を図ることができる。

--APM分野でのAIの活用は?

 アプリケーションのリリースのスケジュール、自動化ソリューション「CA Release Automation」があり、今回APMとの統合を発表した。リリースされるソフトウェアにモニタリングが組み込まれるもので、これが最初のステップとなる。

 すべてのアプリケーションでAPMが使われていなかったかもしれないが、Release Automationとの統合により、すべてのアプリケーションでモニタリングが可能になる。

 よりプロアクティブな検出については、APMの最新版(バージョン10.5)で、「Assisted Triage」を導入した。パターン検出機能を使い、問題を修正する方法を提案するというものだ。データベースが遅いなど、アプリケーションに問題があればパターンを記録して、運用側が修正を提案してくれるレコメンエンジンのようなものだ。自動化は次のステップになる。

--インフラレイヤにはクラウドのトレンドがあり、開発側でもコンテナ、マイクロサービスなどのトレンドがある。これらはアプリケーションの性能にどれぐらいの影響を与えている?

 あまり語られていないが、かなりの影響を与えている。例えばマイクロサービスはコードをすぐにリリースできる素晴らしい技術だが、性能の観点から見ると予測不可能なところがある。また、コンテナとマイクロサービスは、”ブラインドスポット(盲点)”を作ってしまうことがある。スマートフォンのアプリは15以上のサービスと連携していることも多く、これらすべてのトランザクションを追跡できない場合、ユーザー体験が悪くても、どのサービスが問題なのかわからない。

 インフラは、10年前なら運用にコンタクトしてサーバを調達し、設定して…というプロセスがあったが、現在はこれを省いてクラウドを利用する。アプリケーションをモニタリングしたり、管理した経験がないため、何かがおかしくなったときに困るということがある。

--BlazeMeterを買収した。買収の狙いは?

 BlazeMeterは性能とロードテストを行うツールを開発する。例えば小売りのサイトがアプリケーションを設計し、負荷が大きい時にどのような性能になるのかを知ることができる。レスポンスをみる性能テストもできる。

 BlazeMeterは、オープンソースのパフォーマンステスト「JMeter」をベースとしている。開発チームを獲得し、CAの他のチームと統合することで相乗効果を出していく。パフォーマンステスト、ロードテストはAPMを補完できる。テストシナリオ構築時にAPMがテストシナリオの結果を分析、通知できるようにしていきたい。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    IT部門責任者が理解すべき「コンテナとKubernetes」の基礎を網羅

  2. コミュニケーション

    Zoomなどオンライン商談による「ちょっとだけ打ち合わせ」の威力とは?新しい売り方の教科書が登場!

  3. クラウドコンピューティング

    データ活用のためのハイブリッドクラウド基盤構築-データプラットフォームに求められる12の要件

  4. 経営

    脱パスワード 不便と不安を取り除くSSO-メリットと導入方法、ADやM365との連携を解説

  5. コミュニケーション

    事例:9割の業務の段取りを効率化、個人スキル依存から脱却したDFE社のタスク管理改善術

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]