編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

クラウドネットワークで提携--アリスタ、VMware、ネットワン

NO BUDGET

2017-02-02 11:38

 アリスタネットワークスジャパン、ヴイエムウェア、ネットワンシステムズは1月31日、ネットワンシステムズが開発、提供する新クラウドネットワークソリューションパッケージに関する戦略的提携で合意した。

 新パッケージは、クラウド基盤とネットワークの有機的な統合とセキュリティの向上を実現し、クラウド基盤全体の可視化、自動化により運用負荷の大幅な削減ができるようにする。オープンな仮想ネットワークが利用しやすくなり、既存ネットワークへの投資コストの低減や、将来新たな技術導入を実施する際の柔軟性が確保できる。

 アリスタは仮想ネットワークソフト「Arista vEOS」とネットワーク管理ソフト「Arista CloudVision」を、ヴイエムウェアは仮想ネットワークソフト「VMware NSX」をはじめとしたクラウド基盤製品群をそれぞれ提供している。今回の提携でネットワンシステムズは、各社の製品を組み合わせたクラウドネットワークソリューションをパッケージ化して国内のユーザーに導入しやすい形で提供する。

 アプリケーションとプラットフォームを迅速かつ柔軟に結合、分離できる新しい情報基盤の需要拡大が見込まれており、ネットワンシステムズがこの分野のソリューションを導入しやすいパッケージで素早く提供することで、市場での主要なポジションを獲得しすくする。

 3社は、セキュアな企業内、企業間、クラウド間の仮想ネットワークや、IoTネットワークなどソリューションの適用範囲を拡大していく予定としている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]