MS、「Office 365」向けの「Project Osaka」を終了?--リリースに至らず

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-02-03 12:28

 Microsoftは2015年に、「Office 365」に搭載する予定だとして、「CollabDB」と呼ばれる最新のリスト共有テクノロジをひっそりと発表していた。

 その後、CollabDBは、「Project Osaka」と呼ばれるプロジェクトに姿を変え(Officeのリスト共有アプリではなく)「テーブルの共有」に焦点を当てたものになった。現在プライベートプレビュー段階にあるOsakaは、「Microsoft Access」の世界を出発点にしているように見える。


提供:ZDNet

 しかし今、Osakaアプリは実際のローンチに至ることなく終わりを迎えようとしているようだ。プライベートプレビューの参加者らは今週、以下のようなメッセージを目にすることになった。

 「Project Osakaは今日から終了準備に取りかかり、2017年3月31日に完全に終了する。われわれは、この道が簡単なものではない点を理解しており、その遷移プロセスをできる限り容易なものにしようと懸命に取り組んでいる。データの移行については詳細説明に目を通してもらいたい。みなさんと一緒にこのプロジェクトに取り組めたことをうれしく思っており、みなさんの作り上げてきたものに心から称賛の意を表したい。Project Osakaを利用してくれてありがとう」

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]