編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら
海外コメンタリー

「MongoDB」を選んだ理由--世界の旅行業界を支えるアマデウスに聞く - (page 4)

Colin Barker (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2017-02-08 06:30

——実際にMongoDBを使ってみて分かったことはありますか?

 とても満足しています。チャネル間での保管データの暗号化や、認証といったセキュリティ機能は、苦もなく使用できます。われわれに必要なものはすべて期待通りかつセキュアに動作しています。

 運用の容易さと弾力性も満足のいくものです。運用容易性といったものごとと、クラスタが青写真で定義されているという点などにおいて、われわれは常日頃からセキュリティを確保しながら自動化の限界を押し上げています。こういったことはわれわれにとってとても重要です。

 スケーラビリティについても申し分なく、数十テラバイト規模のストレージ容量と、数十テラバイト規模のスループットのクラスタを実現しています。9カ月間で3台のサーバから42台のサーバにまで拡張したクラスタもあります。

 また、大規模なハードウェア障害も経験しましたが、必ずしも悪いことではありませんでした。システムを実現するうえで、スタック内のサーバすべてがハードウェアに依存しているわけではないため、サービスへの影響はないという点が重要なのです。

——MongoDBを使っているチームの規模はどれくらいですか?

 数え方によります。われわれはもはやサイロに閉じこもって作業しているのではないため、1つのMongoDBチームで構成されているわけではありません。さまざまなサービスが稼働しているのです。このため運用モデルという話をすれば、われわれは今日の世界に対応できていると言えます。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]